ニュース

谷繁氏がみた阪神・藤浪晋太郎

無断転載禁止
阪神の藤浪晋太郎(C)KYODO NEWS IMAGES
 20日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター ヤクルト - 阪神戦』で解説を務めた谷繁元信氏は、同日に行われたヤクルト戦に先発した藤浪晋太郎(阪神)の投球について語った。

 この日の藤浪は初回、「立ち上がりは一番いいですよ」(谷繁氏)と力の抜けたフォームからキレのいいボールを投げ込み、三者凡退に打ち取る最高の立ち上がり。

 しかし、3回突如乱れる。先頭の小川泰弘に対し初球のストレート、2球目のストレートが連続して外に外れボール。3球目、4球目はスライダーを投じるも、ストライクが入らず四球で出塁を許した。

 続く1番の坂口智隆、2番の藤井亮太を連続三振で二死に漕ぎつけたが、山田哲人に四球を与え二死一、二塁。ここを抑えたいところだったが、雄平に2点タイムリーを浴び逆転を許した。さらに、バレンティンに四球を与え一、二塁。再び得点圏に走者を背負うと、今浪隆博に2点タイムリー三塁打を浴び、この回4失点。藤浪は続く4回のマウンドにあがったが、大引啓次に四球を与えたところで降板。3回0/3を投げ、3安打4奪三振5四死球4失点という投球内容だった。

 谷繁氏は「藤浪が抑えるときというのは、四死球を出した後、今日(20日)で言うと(3回の)雄平の場面。勝つときはここで抑えるんですよ。点を取られるときは、四死球の後にヒットがでるんですよ。単純なんです」と分析。さらに「力を入れ始めたころからコントロールがつかなくなった。力の入れ場所がポイントになると思います」と課題点を挙げた。

 それでも谷繁氏は、「(荒れ球は)ある意味藤浪の武器ですよ。恐怖心があるからバッターは、踏み込みが浅くなるはずなんです」と話す。“荒れ球”を活かすためにも、谷繁氏が話したように力を入れてからの投球が大事になっていきそうだ。

(提供=ニッポン放送ショウアップナイター)
ツイート シェア 送る
  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM