ニュース

ヤクルト・高橋、1回無失点 谷繁氏「起爆剤としても面白い」

無断転載禁止
フレッシュオールスター戦 6番手で登板したイ選抜・高橋=静岡(C)KYODO NEWS IMAGES
 イースタン選抜の6番手として登板したヤクルトの2年目・高橋奎二が、1回を無失点に抑えた。

 “左のライアン”の異名を持つ高橋は、この回先頭の桒原樹(広島)を一ゴロに仕留めると、続く宗佑磨(オリックス)を二ゴロ、最後はメヒア(広島)を高めのストレートで空振り三振に斬って取った。

 同日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター フレッシュオールスターゲーム イースタン・リーグ選抜-ウエスタン・リーグ選抜』で解説を務めた谷繁元信氏は、「活きの良いピッチャーがここにいるじゃないですか」と絶賛。

「“セットポジションになったときにストライクが入りにくい”、“スピードが出なくなる”、“急にストライクが入らなくなる”など、もしかしたらどこかに欠点があるのかもしれない。ただ、今振りかぶって投げているボールを見る限り、かなり面白いなと思いますね」。振りかぶって投げるボールに、かなり力を感じたようだ。

 また、高橋が所属するヤクルトは、最下位(一軍)に沈む。谷繁氏は「チームが低迷していますから、起爆剤としても面白いと思いますよ」と太鼓判を押した。

(ニッポン放送ショウアップナイター)
ツイート シェア 送る
  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM