ニュース

谷繁氏が感じたDeNAのドラ1・東の凄さは?

無断転載禁止
DeNAの東克樹
 12日に行われた巨人戦に先発したDeNAのドラフト1位ルーキー東克樹が、5回1/3を3失点に抑えプロ初勝利を挙げた。

 初回に5点の援護をもらったその裏、東は坂本勇人、吉川尚輝に連続四球を与え無死一、二塁のピンチを招くと、一死後、マギーに3ランを浴びた。

 同日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター 巨人-DeNA戦』で解説を務めた谷繁元信氏は、東が初回に3点を失った理由について「初回に5点取ってくれて、初の東京ドームで対戦相手がジャイアンツ。色んなものが重なって、ちょっと浮ついた感じでマウンドにあがってしまったんでしょうね」と分析。

 初回に3点を失った東だが尻上がりに調子をあげていき、2回以降は走者を出しながらも、粘りの投球で6回途中を3失点に抑えた。東が降板した後は、小刻みな継投で救援陣がリードを守り切り、嬉しいプロ初勝利を手にした。

 谷繁氏は東の投球について「初回は球が上ずっていたんですけど、次の回から修正して投げていました。そこが凄いルーキーだなと感じました」と絶賛。

 初回と2回以降の東の変化については「フォームが少しコンパクトになったんですよね」と話し、「初回に僕が指摘した箇所を東は自分で気づいて、しっかり修正して自分のボールを投げていました」と修正能力の高さを評価していた。

(ニッポン放送ショウアップナイター)
ツイート シェア 送る
  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM