ニュース

ソフトB、鹿児島で8連勝! 劇的弾の柳田「サファテに黒星は似合わない」

無断転載禁止
9回、サヨナラ2ランを放ち、ナインに祝福されるソフトバンク・柳田(左から2人目)=鹿児島(C)KYODO NEWS IMAGES
2018.04.15 14:00
福岡ソフトバンクホークス 7 終了 6 千葉ロッテマリーンズ
鹿児島
○ ソフトバンク 7x - 6 ロッテ ●
<1回戦 鹿児島>

 ソフトバンクが3番柳田の逆転サヨナラ2ランで劇的勝利。これで鹿児島開催のゲームは、ダイエー時代の1995年から8連勝となった。

 ソフトバンクは、先発の中田が7回途中5失点。常に先手を奪われる苦しい展開だった。それでも2-5で迎えた7回、9番甲斐の左翼線適時打で2点差。8回は5番デスパイネ、6番中村晃が連続で右前適時打を放ち、5-5の同点に追いついた。

 9回のマウンドには抑えのサファテを投入。しかし、守護神は不運な適時内野安打を許し、再び勝ち越し点を奪われた。それでもその裏、鹿児島実高出身の1番本多が左前打で出塁すると、2番上林の送りバントで一死二塁となったあと、柳田がバックスクリーン直撃の逆転サヨナラ2ランを放った。

 お立ち台に上がった柳田は「芯に当たったのでホームランになると思った。興奮しました」と笑顔。さらに「サファテに黒星は似合わないので」と答えると、鹿児島のファンから大声援が送られた。

 ロッテは序盤から小刻みに得点を重ねるも、救援陣が踏ん張れず痛恨の逆転負け。9回にサヨナラ弾を浴びた内が今季初黒星を喫した。

ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西