ニュース

オリックス、2カード連続勝ち越し! 山岡2連勝、打線は2戦連続2ケタ安打

無断転載禁止
オリックスのマレーロ(C)KYODO NEWS IMAGES
2018.04.22 13:00
東北楽天ゴールデンイーグルス 0 終了 8 オリックス・バファローズ
楽天生命パーク
● 楽天 0 - 8 オリックス ○
<6回戦・楽天生命パーク>

 連勝したオリックスが、2カード連続の勝ち越し。先発の山岡は、7回4安打無失点の快投で2勝目(2敗)。打線も14安打8得点と機能した。

 山岡は走者を出しながらも、この日も安定した立ち上がり。3回から3イニング連続で3者凡退を記録し、我慢強く打線の援護を待った。すると5回と6回に打線が計5点を奪取。援護を受けたあとも要所を締め、7回4安打4奪三振無失点。これで6回零封で今季初勝利を手にした15日の日本ハム戦(ほっと神戸)から、自身13イニング連続無失点とした。

 打線は5回、6番マレーロの二塁打を口火にチャンスを作ると、楽天二塁・藤田の野選の間に先制。さらに、9番山崎が粘って四球を選んだあと、1番宗が右中間を深々と破る適時三塁打を放った。続く6回も、4番ロメロの3号ソロなどで3点を追加。その後も、マレーロが今季初の猛打賞をマークするなど、2試合連続となる2ケタ安打で計8点を奪った。

 投手陣は8回以降、吉田一、沢田が1イニングずつを無失点に抑え完封リレー。これで山岡先発試合は、2戦連続の完封勝ちとなった。

 楽天はオリックス投手陣から得点を奪えず、今季2度目の完封負け。先発の池田は5回2失点と粘ったが、打線の援護なく3敗目(1勝)を喫した。

ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西