ニュース

ソフトバンク石川、西武特急止める快投! 8回3安打1失点で3勝目

無断転載禁止
西武戦に先発したソフトバンク・石川=ヤフオクドーム(C)KYODO NEWS IMAGES
2018.04.26 18:00
福岡ソフトバンクホークス 4 終了 1 埼玉西武ライオンズ
ヤフオクドーム
○ ソフトバンク 4 - 1 西武 ●
<4回戦・ヤフオクドーム>

 ソフトバンクが今季の西武戦初勝利。先発の石川が8回3安打1失点の快投を見せ、今季3勝目(1敗)を手にした。

 石川は強力西武打線に対し、初回3者凡退の好スタート。2回以降もテンポの良い投球で、西武先発・十亀と投手戦を繰り広げた。すると5回裏、打線が1点を先制。直後の6回表に同点犠飛を許したが、その裏に打線が再び3点を勝ち越し。援護を得た7回以降は、2イニング連続3者凡退。8回110球、3安打7奪三振1失点の好投でマウンドを降りた。

 3点リードの9回は、不在のサファテに代わり、モイネロ、森の小刻み継投で逃げ切り勝ち。好調な西武打線に反撃を許さなかった。

 打線は5回、9番甲斐が先制となる適時三塁打を放ち、バットでも石川を援護。6回には6番松田に4号3ランが飛び出し一気に3点を勝ち越した。

 前夜12得点を奪い、リーグ新記録の5試合連続9得点以上を記録した西武打線は、石川の前にわずか3安打。先発の十亀は5回まで1失点と踏ん張っていたが、6回に苦手の松田に痛恨の一発を浴び、6回4失点で3敗目(1勝)。降板後「あの一発ですべてが無駄になってしまいました」と話した。

ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西