ニュース

西武顔負けの逆転劇でオリックスが今季初の3連勝!福良監督「金子に勝ってもらいます」

無断転載禁止
決勝打を放ったロメロと完璧なリリーフで勝利投手となった吉田一 [写真=舩橋諄]
2018.05.02 18:00
オリックス・バファローズ 6 終了 5 埼玉西武ライオンズ
京セラD大阪
○ オリックス 6-5 埼玉西武 ●
<5回戦・京セラD大阪>

“新人”福田が殊勲の初打点


 オリックスが5点差をひっくり返す逆転劇で、首位の西武相手に連勝し、今季初の3連勝を飾った。

 オリックスは先発のディクソンが初回、西武打線に捕まり、打者一巡の5被安打・1与四球で4失点と大乱調。4回にもメヒアに1号ソロを打たれ、序盤で試合の大勢は決したかに思われた。

 ところがその裏、今度は西武の先発・カスティーヨをオリックス打線が攻め立てる。先頭の小谷野栄一が四球で出塁すると、続くマレーロが8号2ランを放ち、反撃の狼煙をあげた。

 その後、二死から宗佑磨、山崎勝己、吉田正尚の3連打で2点を返すと、続くルーキー福田周平のプロ初打点となる適時打が飛び出し、試合を振り出しに戻した。

盤石リレーに西武打線は沈黙


 オリックスは6回からディクソンの後を継いだ吉田一将が登板。7回には、「西武打線は秋山、源田を塁に出したら大量失点に繋がる」と警戒する1・2番を迎え、二死から源田壮亮に12球粘られたが、「絶対に抑えてやろうと思った」という強い気持ちで三邪飛に打ち取り、2イニングスを無失点で切り抜けた。

 これで流れを引き寄せたオリックスは、7回裏に先頭のロメロが西武の3番手・平井克典から4号ソロを放ち遂に逆転。8回は山本由伸、9回は増井浩俊がそれぞれ3人で抑えて、オリックスが大逆転勝利を収めた。

 敗れた西武は6回以降、自慢の打線がオリックスのリリーフ陣に完璧に抑え込まれ一人の走者も出すことができず、こちらは復刻ユニで3戦勝ちなしとなった。


復調気配のオリックス


 試合を振り返った福良淳一監督は「よく粘ってひっくり返してくれた」と選手たちを称賛。吉田正を1番に起用した理由に関しては「キッカケが欲しいと思って1番に置いた」ことを明かし、「(吉田)正尚とロメロは1打席目から雰囲気があったのでいけるかなというのはあった」と振り返った。

 福良監督が「あの2人が上がってこないといけない」と語る吉田正とロメロに打点がつき、今季初の3連勝。「明日は金子に勝ってもらいます」と続け、今季初の4連勝と同一カード3連勝を未だ勝利のエース金子千尋に託した。


取材・文=どら増田
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西