ニュース

田中将大、復帰登板は4回1/3で3失点 5回に同点被弾、8勝目ならず

無断転載禁止
敵地でのオリオールズ戦に先発登板したヤンキースの田中将大

逆転直後に痛恨の同点被弾…


 両太もも裏の張りから復帰したヤンキースの田中将大投手が現地時間10日(日本時間11日)、敵地でのオリオールズ戦に先発登板。5回途中6安打3失点で降板し、勝利投手の権利を持たず降板した。

 田中は初回、テンポよく無失点に抑える好スタート。2回は先頭の5番スクープにスプリットを捉えられ、左翼後方を襲った打球は一旦ホームランと判定された。しかし、ヤンキースのブーン監督がチャレンジを要求した結果、これが二塁打に訂正。事なきを得た右腕は、後続3人を丁寧に退け無失点を続けた。

 3回もゼロを刻んだが、4回に捕まった。二死から6番デービスに右前打、続くマンシーニは四球で歩かせ一、二塁。7番リカードには左翼線を襲う2点適時二塁打を許し、一気に2点を先制された。さらに、失策と四球で満塁とされたが、ここは2番ジョーンズを空振り三振。大量失点は防いだ。

 すると直後の5回表、味方打線がワンチャンスをモノにした。4回までオリオールズ先発・キャッシュナーにパーフェクトに封じられていたが、一死から5番グレゴリアスのチーム初安打などで一、二塁の好機を作り、7番バードが起死回生の逆転3ランを右翼席へ運んだ。

 勝ち越してもらった田中だったが、その裏、先頭の3番マチャドに初球を左翼席に運ばれた。続くトランボは遊直に退けたが、球数が予定の80球に達したため降板。復帰戦は4回1/3、80球を投げ、6安打5奪三振3失点の内容。防御率は4.68となり、1カ月ぶりとなる復帰登板を白星で飾ることはできなかった。

 ヤンキースは7回に一時2点を勝ち越すも、救援陣がリードを守れず5-6で逆転負け。9回にサヨナラ打を許したベタンセスが3敗目(1勝)を喫した。

ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西