ニュース

【ロッテ】マリーンズ算数ドリルを贈呈 平沢「力をもらいました」

無断転載禁止
算数ドリル贈呈する千葉ロッテ・平沢大河[提供=千葉ロッテマリーンズ]
 ロッテは17日、「マリーンズ算数ドリル」(平成30年度夏号)を千葉市内の全小学校へ無償配布し、その贈呈セレモニーを7月17日に千葉市立登戸小学校で行ったことを発表した。

 贈呈式には千葉ロッテマリーンズを代表して平沢大河が出席し、「マリーンズ算数ドリル」を各学年代表の児童へ贈呈(全校児童は462名)。マリーンズ算数ドリルは「NPO法人ちば算数・数学を楽しむ会」の製作協力のもと、千葉ロッテマリーンズが製作した野球やマリーンズの問題が満載の自習用教材ドリルだ。小学校1年生から6年生まで各学年で6種類、それぞれ4ページに渡り問題が構成されている。

 千葉市内の全児童約50,000人に配られ、夏休みの自習用教材として学習をしてもらう。教材は夏休み前に千葉市内の全小学校(国立大学法人千葉大学教育学部付属小学校や特別支援学級を含む全112校)に配送。なお、この試みは2011年の夏休みから始まり、冬休み、春休みと同様の規模で配布されており、今回で22回目の配布だ。

▼ 平沢選手コメント
「自分が体育館に入った時に大きな声で迎え入れてくれて、歌も歌ってくれて本当に感動をしましたし、力をもらいました。夏休みはこのドリルで勉強して欲しいです。そしてぜひ千葉ロッテマリーンズの応援にZOZOマリンスタジアムにも来てもらいたいです」。
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西