ニュース

谷繁氏、巨人の守備に苦言「若手は周りが見えていない」

無断転載禁止
ニッポン放送ショウアップナイターで解説を務める谷繁元信氏【撮影日:17年5月20日】
○ 中日 4 - 3 巨人 ●
<15回戦・ナゴヤドーム>

 3日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター 中日-巨人戦』で解説を務めた谷繁元信氏が、巨人の初回の守備に苦言を呈した。

 谷繁氏がまず指摘したのは、無死一、二塁から大島洋平の浅い中飛で一塁走者・亀沢を二塁に進めてしまった守備だ。谷繁氏は「これはセンターとショートのミスですよ。セカンドが外国人のマルティネスが入っているので、声がかかってもわからないんですよね」と話し、「今のはセンターフライで、一塁ランナーを二塁に進めさせてはダメですよ」と続けた。

 1点の先制を許した直後、平田良介のライト前ヒットで、打者走者の平田がオーバーランしたときの巨人の守備についても「(中継に入った))岡本のところにライト・長野からいいボールが返って来たんですよね。平田がオーバーランをしていて、セカンドがファーストベースにカバーに入っていたんですよ。すぐに送ればアウトなんですけど、何かジャイアンツの若手は周りが見えていない」と指摘した。

 取れるアウトを取れなかった巨人は続くアルモンテに、適時打を打たれ初回に2点を失った。巨人はその後、同点に追いついたが、3-3の9回に沢村が大島に押し出し四球を与えサヨナラ負けを喫した。

(ニッポン放送ショウアップナイター)
ツイート シェア 送る
  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM