ニュース

パ天王山で”甲斐キャノン”炸裂! 回またぎで3者連続盗塁阻止

無断転載禁止
育成入団から日本を代表する捕手へ成長したソフトバンクの甲斐
2018.09.17 13:00
埼玉西武ライオンズ 8 終了 1 福岡ソフトバンクホークス
メットライフ

9番金子侑、1番秋山、2番源田を封殺


 ソフトバンクの甲斐拓也捕手が17日、西武との21回戦(メットライフ)で怒涛の3者連続盗塁阻止を披露した。

 まずは2回一死、二塁・明石の落球(記録は内野安打)で出塁した西武の9番・金子侑の二盗を、素早い送球で阻止。二死から、今度は1番の秋山を四球で歩かせたが、またしても秋山の二盗を見事なストライク送球で刺した。

 3回は先頭の源田に右前打を許すも、ここでも二盗を試みた背番号6を強肩で封殺。これで2回途中から、3者連続盗塁阻止という離れ業をやってのけた。

 甲斐は6回にも金子侑の二盗を封じ、この試合4度目の盗塁阻止。しかし、試合には1-8で敗れ、西武に優勝へのマジックナンバー「11」の点灯を許した。

ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西