ニュース

日本ハム大田、右へ左へ2打席連発! 3試合連弾でOP戦トップの計4本塁打

無断転載禁止
日本ハム・大田泰示
2019.03.10 12:00
オリックス・バファローズ 7 終了 5 北海道日本ハムファイターズ
京セラD大阪

「1打席1打席集中して臨んでいます」


 日本ハムの大田泰示外野手が10日、オリックスとのオープン戦(京セラD大阪)で、3試合連発となる2打席連続本塁打を放った。

 大田は「3番・右翼」で先発出場。初回の第1打席はオリックス先発の榊原から四球を選び、4番・中田の適時二塁打で生還した。3回の第2打席も、イニング先頭打者として榊原と対峙。1ボール後の外角直球を振り抜くと、打球は右中間フェンスを越えるソロ本塁打となった。

 4-2で迎えた5回は、2番手・荒西と対戦。ここでも2ボール2ストライクから左翼席上段へ突き刺さるソロ本塁打を放ち、2打席連発とした。

 大田はキャンプ中の実戦から打撃好調で、試合前までのオープン戦打率はジャスト.500。本塁打はこれで、6日ロッテ戦の左越え場外弾、9日阪神戦の左越え弾に続き、3試合連発。オープン戦での計4本塁打は全体でもトップだ。

 背番号5は1本目となった3回の越えソロについて、「甘い球を逃さずに一発で仕留められて良かったです。(3試合連発は)そこは気にせず、1打席1打席集中して臨んでいますが、良い感じで振ることができています」とコメントした。

ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西