ニュース

ヤクルトOB・真中さんが期待を寄せる、令和の“ミスターTOKYO”候補

無断転載禁止
ヤクルト・村上宗隆(C)KYODO NEWS IMAGES

令和のスター候補へエール


 ついに新時代“令和”に突入。そして首都“TOKYO”では、10連休となるGW後に、「令和最初の東京対決」となる『オープンハウス TOKYO シリーズ 2019』が行われる。

 今年で5年目を迎える「TOKYOシリーズ」は、東京に本拠地を置く両チームの対戦を通し、東京のスポーツシーンを盛り上げていく毎年恒例の企画。奇しくも今年は、4月23日(火)~25日(木)に明治神宮野球場で、“平成最後”の「東京対決」が行われ、巨人が2勝1敗と勝ち越した。そして5月10日(金)~12日(日)に東京ドームで行われる巨人-ヤクルト戦は、“令和最初”の「東京対決」となる。

 その「東京対決」を前に、平成のヤクルトを選手として、そしてコーチ・監督として戦ってきた真中満さんが、新時代の担い手として期待する“令和のミスターTOKYO”候補たちにエールを送った。

真中さんが語る“平成最後”の東京対決
真中さんが語る“平成東京対決”の記憶

真中満

――令和のヤクルトを担っていくような、期待している若手は?
「今の看板は山田哲人で、3年もトリプルスリーをやっている選手で、山田はもちろんなんですけど、いま売り出し中の村上宗隆ですよね。アベレージこそ上がってきていませんけど、あのパワーとスピード、あれだけの飛距離を出す選手はなかなかいない。今年は全開というわけにはいかないでしょうけど、彼が今後、ヤクルトを背負って立つ選手になることはほぼ間違いないと感じますので、これからどう成長していくか、その過程を見ていきたいという気はしますよね。」

「ただ、村上に関してはこれからですよね、経験だと思う。打ち方とかではなく、プロ2年目の選手ですからね(笑)、皆さんちょっと冷静に考えてくださいよ。山田哲人だって3~4年ですからね。筒香とか、坂本とかでもですけど、僕は2年目の選手がここまでやっていること自体がすごいと思う。冷静に考えると、これから徐々に経験を積んでいって色々と自分のものにしていくことになる。」

真中満

「いまはチームが勝っているので、非常に良いと思う。これが負けていると、村上を我慢して使っているみたいなイメージがついちゃうんですけど、いまはチームが勝てているので、そこに村上もうまく乗っかれているから、村上としては、非常にやりやすい状況ですよね。ただ、繰り返しますけど19歳ですよ、まだ(笑) 19歳ですから、皆さん過大に期待しすぎです(笑) 十分だと思いますよ。」

「ピッチャーでは、原樹理(25)は4年目くらいの選手ですけど、彼は年々良くなってきている。ちょっと前は石川と館山というピッチャーふたりがチームを引っ張っていましたけど、そろそろ軸になってね、引っ張ってほしいなっていう思いはありますけどね。それと若い選手あだと、高橋奎二(21)。先発の高橋あたりが1年間、いま10日あけたりしていますけど、彼がしっかりローテーションで回れるようになって、二桁勝つとかね。あと今は梅野雄吾(19)が7回を投げていますけど、彼がセットアッパーとか9回とかいくような、そんな躍進を見たいなと思います。




――令和の巨人を担っていくような、期待している若手は?
「ジャイアンツは岡本和真(22)がね、去年が実質1年目ですよね、数字としては。そして今年が2年目。開幕どうかなといったときに、良かったり悪かったりが続いて、また戻ってきたので、彼のバッティングを見ていても表情がいいですよね。冷静といいますか、打てていても、打てていなくても同じような表情でプレーしているので、大きな動揺はないのかなと思いますから、彼はどっしり、若いですけど4番で固定されていますので、もちろん彼が今後ジャイアンツが引っ張っていくなと思いますよね。」

「あとは吉川ですかね。吉川はホームランバッターではないですけど、リードオフマンというか、1、2番を打てる、足も使える選手ですからね。彼がポスト坂本みたいなイメージでね、内野の雰囲気というか、チームをまとめるような存在になると、ジャイアンツとしてもまとまったチームになるのかなと思いますけどね。」

真中さんが語る“平成最後”の東京対決
真中さんが語る“平成東京対決”の記憶
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM