ニュース

楽天、岸の復帰白星で単独首位! 千賀に続き高橋礼にも初黒星つける

無断転載禁止
楽天・岸孝之
2019.06.01 14:00
福岡ソフトバンクホークス 5 終了 6 東北楽天ゴールデンイーグルス
ヤフオクドーム
● ソフトバンク 5 - 6 楽天 ○
<10回戦・ヤフオクドーム>

 楽天が首位攻防戦に連勝し、リーグ単独首位に立った。先発の岸は6回3失点で今季初勝利。打線は無傷の5連勝中だったソフトバンク先発・高橋礼から6点を奪い、右腕に今季初黒星をつけた。

 楽天は初回、3番・浅村の左前適時打で先制。5番・銀次も適時内野安打で続き2点目を加えた。さらに二死一塁から、6番・ブラッシュが16号2ランを左翼席へ運び4-0。初回からビッグイニングとし主導権を握った。4-3の7回は二死満塁とし、2番・島内が2点適時打を右前へ。再びリードを3点に広げ高橋礼をノックアウトした。

 左太もも裏の違和感から戻ってきた岸は、これが復帰後2度目の先発。4回以降、2本のソロを浴びるなどソフトバンク打線の反撃を受けたが、6回4安打8奪三振3失点の力投で、今季初勝利となる復帰白星を手にした。

 3点リードの8回に3番手・宋家豪が2点を失ったが、1点リードの9回は松井が3者凡退締め。守護神は今季15セーブ目(1勝1敗)をマークした。

 楽天は2戦連続で接戦を制し、単独首位に浮上。千賀に今季初黒星をつけた前夜に続き、この日は高橋礼を攻略した。ソフトバンク戦はこれで4連勝。パ・リーグ首位として交流戦に入ることが決まった。

ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西