ニュース

真中氏、日ハム・金子は「自分のペースをつかめませんでしたね」

無断転載禁止
日本ハム・金子弌大
2019.06.15 14:00
北海道日本ハムファイターズ 5 終了 8 読売ジャイアンツ
札幌ドーム
● 日本ハム 5 - 8 巨人 ○
<2回戦・札幌ドーム>

 日本ハムの先発・金子弌大は、2回1/3を投げて6失点で4敗目を喫した。

 立ち上がり制球に苦しんだ。先頭の亀井善行に3ボール2ストライクからの6球目のストレートを弾き返され二塁打を打たれると、一死後、丸佳浩に1球もストライクが入らず四球。続く岡本和真にも四球を与え満塁としてしまうと、大城卓三に押し出し四球で失点する。なお一死満塁とピンチは続き、阿部慎之助に2点適時二塁打を浴びた。

 2回は簡単に二死としたが、坂本勇人に二塁打を打たれると、丸に被弾。3回も先頭の若林晃弘にヒットで出塁を許すと、一死後、小林誠司に適時打を打たれ、ここで金子はマウンドを降りた。

 金子は2回1/3を投げて、7安打、3四球、6失点という投球内容だった。15日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイタースペシャル 日本ハム-巨人戦』で解説を務めた真中満氏は「金子は最後まで自分のペースをつかめませんでしたね。ボールの走りもよくなかったし、本人がわかっている分、余計丁寧に投げてボールが先行してしまったという投球でしたよね」と振り返った。

(ニッポン放送ショウアップナイター)
ツイート シェア 送る
  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM