ニュース

中日5連勝!2位まで1差大接近 大野の好投にアルモンテ、ビシエドが応える

無断転載禁止
阪神戦に先発した中日・大野雄大=ナゴヤドーム
2019.07.15 18:00
中日ドラゴンズ 4 終了 2 阪神タイガース
ナゴヤドーム
○ 中日 4 - 2 阪神 ●
<12回戦・ナゴヤドーム>

 中日は今季2度目の5連勝。同点の8回に3番・アルモンテ、4番・ビシエドが連続適時二塁打を放ち、8回2失点の先発・大野雄は6勝目(6敗)を挙げた。

 大野雄はソロ被弾と適時打で2点を失うも、粘り強くアウトを重ね試合を作った。すると1点を追う6回、中日はアルモンテが3号ソロを右翼席へ運び同点。8回は大野雄の代打・亀沢、1番・平田が倒れ二死となったが、2番・大島が左前打で出塁したあと、アルモンテが勝ち越しなる適時二塁打を右中間へ運んだ。続くビシエドも適時二塁打を左中間へ。二死からの3連打で2点を奪い、大野雄は勝利投手の権利を得た。

 2点リードに変わった9回はマルティネスが3者凡退締め。新守護神は4登板連続となる今季7セーブ目(0勝3敗)をマークした。

 中日は逆転勝ちで前半戦から5連勝。順位の5位は変わらないが、これで同率2位の阪神とDeNAに1ゲーム差。連敗を11で止めた4位・広島とは0.5差だ。

 阪神はまたしても打線が振るわず、これで前半戦から4連敗。同点の8回に2点を失ったジョンソンが2敗目(2勝)を喫した。
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西