ニュース

中日、4カード連続負け越しで再び借金10 乱調の藤浪崩せず計13残塁

無断転載禁止
6回、阪神・マルテ(奥)に勝ち越し適時打を許す中日先発・ロメロ
2019.08.01 18:00
阪神タイガース 3 終了 2 中日ドラゴンズ
甲子園
○ 阪神 3 - 2 中日 ●
<17回戦・甲子園>

 阪神は逆転勝ちで2カード連続の勝ち越し。対する中日は4カード連続の負け越しとなり、借金は再び10となった。

 今季初登板の阪神先発・藤浪を崩し切れなかった。初回、3四球で二死満塁の好機を作るも、6番・堂上が空振り三振。2回も連続四死球で無死一、二塁としたが、1番・平田が一飛に倒れるなど先制点を奪えなかった。

 0-0の5回、ようやく4番・ビシエドの中犠飛で先制するも、なおも一死一、二塁の好機で、代わった守屋に対し、6番・堂上、7番・京田が連続三振。すると直後の5回裏、4回まで無失点だった先発・ロメロが同点被弾。左腕は6回にも中前適時打を許し1-2と逆転された。

 中日は1点を追う7回も一死二、三塁の好機を迎えたが、代打・福田が遊ゴロに倒れたあと、二死一、三塁から京田は空振り三振。好機で適時打が出ず、残塁は13を数えた。相手先発の藤浪は8四死球と乱調だったが、崩し切ることができず5回まで1得点。逆に中盤以降は、阪神打線に効果的な適時打を浴びた。

 2点を追う9回、5番・阿部が1点差に迫る右前適時打を放つも反撃届かず。6回2失点のロメロは8敗目(6勝)を喫した。
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西