ニュース

菊池雄星、3回途中10安打5失点で10敗目…シーズン100失点越え

無断転載禁止
3回途中でマウンドを降りるマリナーズ先発の菊池雄星
● マリナーズ 7 - 9 ホワイトソックス ○
<現地時間9月13日 Tモバイル・パーク>

 マリナーズの菊池雄星投手が13日(日本時間14日)、本拠地でのホワイトソックス戦に先発登板。10安打を浴びるなど初回から失点を重ね、3回途中5失点で10敗目(6勝)を喫した。

 1回表、3番・アブレイユに先制点となるソロ被弾。その裏に味方打線が3点を奪い逆転したが、直後の2回、4本の単打を浴び3-2と1点差に詰め寄られた。3回は先頭打者に四球を与えたあと、続く5番・モンカダに適時三塁打を浴び同点。さらに、6番・メンディックに左前適時打を浴び逆転されたあと、7番・エンゲルに左越えソロを浴び降板となった。

 初回から快音を連ねられ、2回1/3で2被弾を含む被安打10。3回途中5失点と試合を作れず、防御率は5.46に悪化した。

 この日の5失点でシーズン通算103失点(自責点92)となり、これはア・リーグワースト3位タイ。早期KOで通算投球回も151回2/3までしか伸びなかっただけに、今後の登板で何とか規定投球回(162回)はクリアしてほしいところだ。
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西