ニュース

楽天、4試合ぶり復帰の4番・浅村が先制適時打「うまく反応できた」

無断転載禁止
楽天・浅村栄斗選手
2020.03.06 13:00
東北楽天ゴールデンイーグルス 3 終了 1 中日ドラゴンズ
静岡

“開幕投手”則本は5回1失点


 楽天の浅村栄斗選手が6日に行われた中日とのオープン戦に「4番・指名打者」で先発出場し、3回に先制の適時打を放った。


 腰の張りにより大事をとって3月1日のロッテ戦以降、欠場が続いていた浅村だったが、指名打者として4試合ぶりにスタメン出場。第1打席は空振り三振に倒れたものの、二死一・二塁で迎えた3回の第2打席に中日の先発・小笠原のストレートをレフト前に弾き返した。

 浅村の安打で二塁走者の鈴木大地が生還し、楽天が先制。浅村には代走・小郷が送られ、この打席でお役御免となった。その後もブラッシュと銀次が連続四球で出塁した楽天は、押し出しで加点。先制打の浅村は「インコースのボールにうまく反応できた。チャンスで打ててよかったです」と、淡々と振り返った。

 投げては、開幕投手に指名されている先発の則本昂大が5回を投げて70球、4奪三振、1失点と好投。クッションボールの処理に戸惑って1点を失ったが、許したヒットも4回の2本のみ、四死球も1個と安定したピッチングを披露した。
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西