ニュース

楽天が首位攻防6連戦を大勝発進!8連勝ロッテを15安打・15点で粉砕

無断転載禁止
移籍後1号を古巣から放った鈴木大地 (C) Kyodo News
2020.06.30 18:00
東北楽天ゴールデンイーグルス 15 終了 4 千葉ロッテマリーンズ
楽天生命パーク
○ 楽天 15 - 4 ロッテ ●
<1回戦・楽天生命パーク>

 パ・リーグで好スタートを決めた2チームによる首位攻防6連戦は、ホームの楽天が第1戦を先取。15安打・15得点の猛攻でロッテの連勝を8で止めた。


 初回、先発の弓削隼人が一死三塁のピンチを招くと、3番・清田育宏に2ランを被弾。ここまで8連勝中とノリにノッている相手に先制点を奪われてしまう。

 それでも、打線が2回に爆発。先頭・浅村栄斗の二塁打に島内宏明がセンターへの安打で続き、まずは1点を返すと、ステフェン・ロメロの二塁打に銀次が適時打と、4連打で2-2の同点に。

 なおも二・三塁から、太田光の遊ゴロの間に逆転に成功すると、辰己涼介が適時打を放って4-2。さらに茂木栄五郎は四球を選び、ロッテ先発・二木康太をノックアウト。

 2番手で左腕の中村稔弥が登場も、ここで打席の鈴木大地は初球のまっすぐをフルスイング。右中間に高々と舞い上がった打球はそのままフェンスを越え、移籍1号となる3ラン。「絶対に勝ちます」と、静かに闘志を燃やす背番号7の古巣からの一撃で、7-2と一気にリードを広げた。


 その後も4回に1点こそ返されるも、その裏にジャバリ・ブラッシュが適時二塁打を放ち、つづく浅村は打った瞬間それと分かる大きな2ラン。4回で2ケタ・10得点を叩き出す。

 さらに6回裏には、二死走者なしからチャンスを作り、島内の2点適時打とロメロの3ランで5点を追加。得点を15まで伸ばすと、投げては先発の弓削が2回以降は立ち直り、6回3失点と力投。終盤も相手の反撃を1点でしのぎ、終わってみれば15-4の大勝。大事な首位攻防・直接対決の初戦を取った。


コメント


▼ 鈴木大地(2回に1号3ラン)
打ったのはストレートです。
みんなが打っていたので、
なんとか打ちたかったです。
試合はまだ終わってないんで。
絶対に勝ちます。


▼ 浅村栄斗(4回に4号2ラン)
打ったのはチェンジアップだと思います。
完璧です。得点圏で打てて良かったです。


▼ 弓削隼人(6回2失点)
連勝しているチームという先入観がありました。
その分、リズムが悪くなり投げ急いでしまいました。
コースは投げ切れたと思いますが、
要所で甘くなったり、
高くなったりしてしまったのは課題ですね。
低めへしっかりコントロールできるよう、
次回に向けてしっかり修正していきたいです。
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西