ニュース

ロッテ・井口監督「先発でと考えています」 電撃獲得の元竜チェンに期待

無断転載禁止
ロッテ・井口資仁監督

「貴重な戦力として大いに期待」


 ロッテは21日、中日やMLBオリオールズなどで活躍したチェン・ウェイン投手(35)を獲得したと発表した。


 井口監督は球団を通じて「ずっと映像でチェックしていた投手。キレのある変化球に伸びのあるストレート。優勝争いをしている中、左で貴重な戦力として大いに期待をしています」とコメント。日米で経験を積んできたベテランサウスポーに期待を寄せた。

 ロッテはローテーション投手と見込まれていた西野勇士に続いて、エース候補の種市篤暉も「トミージョン手術」を受けることになり今季絶望。現在は石川歩、美馬学、二木康太、小島和哉、岩下大輝、中村稔弥の6人を軸に、ローテーションの谷間に大嶺祐太らを起用して先発投手を運用している。

 指揮官は新加入の左腕について「起用は先発でと考えています」と加入後の起用方針にも言及。「ペナントレース、最後の苦しい時にローテーションに入ってもらえると、これほど頼もしいことはない。優勝を引き寄せてくれる存在と思っています」と、最終盤の優勝争いを乗り切るための1ピースとしての期待を口にした。

 チェンは2009年に最優秀防御率のタイトルを獲得し、翌2010年には初の2ケタ13勝(10敗)をマーク。マーリンズに所属した昨季は全45試合がリリーフ登板で、キャリアワーストの防御率6.59と沈んだが、メジャーでもオリオールズ時代の2012年・2014年・2015年の3シーズンで2ケタ勝利をマークするなど実績は十分。悲願のリーグ優勝へ、先発投手の補強を目指していたロッテ編成部の目に止まったと見られる。

 球団の発表によれば、既に来日はしているものの、コロナ禍での入国のため、今後は2週間の隔離期間を経てチームに合流する予定とのこと。となれば、最短でも10月上旬の“NPB復帰”、シーズン最終盤の残り20数試合で一軍昇格ということになりそうだ。


▼ プロフィール
名前:陳 偉殷(チェン・ウェイン)
新背番号:58
生年月日:1985年7月21日(35歳)
出  身:台湾
投  打:左投右打
身長体重:183センチ・90キロ

▼ 経歴
国立台湾体育学院
中日(04~11年)
オリオールズ(12~15年)
マーリンズ(16~19年)
マリナーズ(20~20年途)
ロッテ(20年途)

▼ NPB通算
127試 36勝30敗1セーブ 防2.59

▼ MLB通算
219試 59勝51敗 防御率4.18
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西