ニュース 2020.11.06. 06:30

オリックスの中嶋監督代行がボーク判定に激怒「あり得ない」

無断転載禁止
オリックス張奕
2020.11.05 18:00
オリックス・バファローズ 2 終了 4 東北楽天ゴールデンイーグルス
京セラD大阪

先発の田嶋大樹は初の規定クリア


 9回からマウンドに上がったオリックスの張奕がボーク判定からリズムを崩し、楽天に逆転負け。連勝は「2」でストップした。

 オリックスの先発・田嶋大樹は、7回を投げて被安打5、奪三振6、失点2(自責は1)と好投。規定投球回の条件だった5回以上を投げ切り試合を作ったが、その好投も勝利には結び付かなかった。

プロ野球を見るならDAZN!
>>1カ月無料トライアルはこちら<<

 試合が動いたのは、2-2のまま迎えた9回表、3番手としてマウンドに上がった張が先頭の田中和基にヒットを打たれると、2度のけん制を挟んでセットポジションに入ると、二塁の吉本塁審がボークを宣告。腰付近で構えたグラブを胸元へ引き上げた動作がボークと判定され、岡島豪郎の送りバントから、銀次に勝ち越し打となる二塁打を打たれた。

 さらに二死二塁から小深田大翔にも適時打が生まれ、9回裏の攻撃は楽天のクローザー松井裕樹の前に三者連続三振に倒れて敗戦。オリックスにとっては後味の悪い結末となった。


中嶋監督代行は怒り心頭


 試合後、中嶋監督代行は「これが最初の試合なら分かるけど、先発で何試合も投げてきたピッチャーで、あり得ない。『初めて見た』という見解がわからん。そんなの聞いたことない。あそこのセットで文句言われたら、完全にピッチャーはリズムが壊れる」と怒り心頭だった。

 その一方で、「そこを耐えなきゃならないんでしょうけど、経験の薄さもあるのかなと思う。打たれたことは打たれた。大事な7、8回を投げるならそこを乗り越えていかないといけない」とも語り、「先発の駒が足りている時は、後ろの適正も見たい。実戦でやらなきゃ意味がない」と、引き続き経験を積ませていく意向だ。

 先発の田嶋に感じては「よく立て直しましたし、守備の乱れがあって点は取られましたけど、その後しっかり抑えてくれましたし、ナイスピッチングでした。初めての規定なんで、これが来年以降、彼の自信になるならいいと思います」と労った。

 本拠地最終戦となる6日は、ルーキー宮城大弥が初勝利を目指して先発し、チームを支えて来た山崎勝己の引退試合でもあるという特別な一日。本拠地のラストゲームを白星で飾り、有終の美を飾りたいところだ。


文=どら増田
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西