ニュース

ヤクルト、山田哲人との契約更新を正式発表「今までで一番悩みました」

無断転載禁止
ヤクルト・山田哲人

今秋のFA目玉、行使せず残留決定


 ヤクルトは19日、国内FA権を取得した山田哲人選手(28)がFA権を行使せず、来季以降の契約に合意したと発表した。

 山田は「球団の方と話し合いを重ねてきました。正直に今までで一番悩みましたが、FA権を行使せずに残留することにしました。更に活躍できるように努力したいと思います」と球団を通じてコメント。契約内容の詳細については公式発表がないものの、来季以降もツバメ軍団の顔としてプレーすることが決まった。

 山田は履正社高から2010年のドラフト1位で入団し、2年目の2012年に一軍デビュー。2014年に最多安打とベストナインに輝くと、NPB史上初めてトリプルスリーを3度達成するなどチームの主軸として活躍してきた。

 2015年オフには背番号を「23」から「1」に変更。池山隆寛、岩村明憲、青木宣親らが背負ってきた準永久欠番を継承し、ミスタースワローズの系譜に名を連ねた。

 節目のプロ10年目だった今季はコンディション不良にも悩まされ、94試合の出場で打率.254(334-85)、12本塁打、52打点、9盗塁の成績。チームも2年連続の最下位に低迷した。

 それでもFA宣言すれば市場の目玉になる存在だっただけに、今回の決断はチームはもちろん、ファンにとっても今オフ最大の朗報になったことだろう。

 ミスタースワローズの完全復活へ、来季以降も“ヤクルトの山田哲人”から目が離せない。
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西