ニュース

ロッテ・安田、志願のロングティーも「まだまだですね」

無断転載禁止
ロッテ・安田[写真は春季キャンプ中]
 ロッテの安田尚憲は21日、ZOZOマリンスタジアムではじまった秋季練習で打撃練習、守備練習などみっちりと汗を流した。

 打撃練習では、3球連続でライトスタンドに放り込むなど、観客のいないライトスタンドにズドンという大きな音が何度も鳴り響いた。

 安田といえば昨季の打撃練習は「最初は引っ張らないというか強引にならないように振って、コースに打って、そこから強く振るということを意識しています」と話していたように、左方向から打って、最後は引っ張ることが多かった。

 今季の打撃練習を見ると、右方向から打ち始めることが多く、この日も右方向への引っ張りの打球を中心に打っていた。そのことについて安田に質問すると、「ストレートを打ち返すためにヘッドを使ったというか、そういうイメージでやっていました」とその意図を教えてくれた。

 全体練習後には、鳥越コーチとマンツーマンの守備練習。守備練習が終わったあと、一旦ベンチ裏へ下がるも、すぐさまバットを持ってグラウンドへ。この日の自身の練習メニューに組み込まれていなかったとのことだが、誰にも言われることなく、自ら志願して三塁側からレフトスタンド方向に向かってロングティーを行った。

 安田は、この日のロングティーに「まだまだですね」と話し、「シーズン中はロングティーをあまりしなかったんですけど、シーズンが終わってこういう時にしかできない練習がたくさんある。今はしっかりとスイングを固めて、大きく使えるようにということを意識してやっています」と説明した。

 今季一軍で経験を積んだ背番号“5”は、現状に満足することなく、鍛えていく。

取材・文=岩下雄太
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西