ニュース

【ロッテ】オーダースーツSADAとオフィシャルスーツサプライヤー契約

無断転載禁止
オフィシャルスーツを着用した左から二木康太、藤原恭大、安田尚憲、佐藤都志也[提供=千葉ロッテマリーンズ]
 ロッテは21日、「オーダースーツSADA」(株式会社オーダースーツSADA、本社:東京都千代田区)と2021年シーズンから2023年シーズンまでの3年間においてオフィシャルスーツサプライヤー契約を結ぶこととなったと発表した。

 オフィシャルスーツサプライヤー契約の締結により、監督、コーチ、選手、チームスタッフの全員がオーダースーツSADAのスーツ、ネクタイ、Yシャツをチーム移動等の球団公式行事にて着用する。契約締結に伴い石垣島春季キャンプでのブルペンとメイン球場のバックネット、インタビューボードに「オーダースーツSADA」の看板広告の掲出を行う。

 またシーズン中に「オーダースーツSADA」スペシャルナイターの開催を予定。なお、オフィシャルスーツの一般販売開始は2月中旬を予定している(詳細は後日発表)。

▼ 株式会社オーダースーツSADA 代表取締役社長 佐田展隆 コメント
「2021年のオフィシャルスーツは高品質な素材を使用し、柔らかな風合いで仕上げております。黒色のシャドーストライプ柄でビジネスシーンからパーティーシーンまで幅広く着用が出来ます。裏地には千葉ロッテマリーンズのイニシャルマーク(Mロゴ)を織柄で入れ、さりげないオシャレ感と上品な雰囲気で仕上げました。是非、皆様にご愛用いただけますことを願っております」
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西