ニュース

中日、日本ハムとの練習試合はドロー 小笠原&笠原、左腕の先発候補が好投

無断転載禁止
中日・小笠原慎之介
中日 1 - 1 日本ハム
<アグレスタジアム北谷>

 中日は16日、日本ハムと練習試合(特別ルール)を行い、開幕ローテーション入りを目指す左腕投手が好投を見せた。

 先発マウンドに上がったのはローテーションの軸として期待される柳。右腕は2回を最少失点で凌いだものの、4安打1四球と制球に苦しんだ。3回から2番手として登板した小笠原は2イニングをパーフェクト。3回はいきなり3番・近藤、4番・中田、5番・大田との対戦だったが、両コーナーをしっかりと突きテンポ良くアウトを重ねた。

 5回から3番手で登板した笠原も2回無失点と好投。こちらはバックの好守に助けられる場面もあったが、しっかりとストライクゾーンで勝負し、右打者のバットをへし折る場面も見られた。

 7回以降は松葉、岡田、藤嶋が1イニングずつを無失点リレー。藤嶋は先頭打者に四球を与えたものの、後続を3者連続見逃し三振に退けた。

若手中心の打線はハム主力投手に苦戦


 打線はこの日も期待の若手を上位に並べたが、日本ハム先発・上沢、2番手・杉浦と、実績ある両右腕の前に5回まで3安打。1点を追う6回は3番手左腕・福田に対し、2番・根尾の中前打、続く井領の中越えエンタイトル二塁打で無死二、三塁の好機を作ったが、6番・三好の左前適時打による1得点に終わった。

 JFE西日本からドラフト6位で加入した三好は、2回の第1打席で四球、8回の第4打席は死球で出塁し、2打数1安打で計3出塁。走っても2盗塁、中堅守備でも難しい打球をダイレクト捕球するなど、走・攻・守すべての面でアピールした。
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西