ニュース

春のセンバツは3月19日開幕!押さえておきたい今年の注目選手 ~野手 編~

無断転載禁止
智弁学園の前川右京選手 [写真提供=プロアマ野球研究所]

春のセンバツ・この選手に注目!


 新型コロナウイルスの影響によるまさかの中止から1年…。今年は3月19日に開幕予定となっている『第93回選抜高等学校野球大会』。23日にはオンライン形式の組み合わせ抽選会が実施され、1回戦の対戦カードが決定した。


 いよいよ迫ってきた春の大舞台。ベースボールキングでは、公式YouTubeチャンネルで公開しているアマチュア野球特化企画「みんなのドラフト」にて、センバツに向けた特集を展開中。

 今回はスカイAのドラフト中継でもお馴染みのスポーツライター・西尾典文氏に、今大会で特に注目を集める野手をピックアップして紹介してもらった。


これぞ“強肩強打”の捕手



▼ 高木翔斗(県岐阜商)
・捕手
・右投右打


 激戦の東海地区を勝ち上がった県岐阜商の扇の要。西尾氏は「まさに良い捕手を現す“強肩強打”という表現にピッタリ。186センチというがっちりとした体格で、捕手らしい捕手だなという印象です」と語る。

 アマ野球の名将・鍛治舎巧監督の下で鍛えられた捕手と言えば、秀岳館から2016年のドラフト3位でソフトバンクに入団した九鬼隆平がいるが、「九鬼の高校時代と比べても遜色ないと思います」と西尾氏。スケールの大きさも抜群で、世代を代表する捕手として、センバツでの活躍に期待がかかる。

 なお、県岐阜商の初戦は大会4日目・3月22日(月)、第1試合で市和歌山(和歌山)と対戦。相手にはこの世代の目玉候補と呼ばれる好投手・小園健太がおり、高木には主軸打者として「エース攻略」というタスクも求められる。また、その小園とバッテリーを組む松川虎生もプロから注目を集める捕手であり、“プロ注目の捕手対決”も大きな見どころとなりそうだ。


名門の4番を任される右の大砲



▼ 池田陵真(大阪桐蔭)
・外野手
・右投右打


 言わずと知れた高校球界の横綱からは、1年生の時から1ケタの背番号を背負う右の大砲候補。西尾氏は「スイングは好素材が揃う大阪桐蔭の中でも抜けたものを持っています」と語る。

 高校生を見る時に、まず「振りの強さ」をチェックするという西尾氏をも魅了したそのバッティングは、「将来どうなるかは分かりませんが、イメージとしてはオリックスで活躍した谷佳知選手のような感じですかね」とのこと。

 続けて、「言葉で説明するのは難しいですが、フルパワーで振っているように見えないのにスイングがものすごい速いんです。172センチと小柄ではありますが、力感のないスイングからとてつもない打球を放ちます。“桐蔭の4番”というと豪快なイメージを持たれるかと思いますが、どちらかというと技術で飛ばせるタイプだと思います」と説明した。

 なお、大阪桐蔭の初戦は大会4日目・3月22日(月)、第2試合で智弁学園(奈良)と対戦。なんと昨年の近畿大会・決勝戦の再現となった。その時は3-7で敗れているだけに、大阪桐蔭としては絶対に負けられない一戦。秋のリベンジを果たすことができるだろうか。


1年から4番を張る左の大砲




▼ 前川右京(智弁学園)
・外野手
・左投左打


 右のスラッガーで注目が池田なら、左の注目候補はこの選手。奈良の名門で1年の時から4番を任される有望株で、上背こそ大きいとは言えないながら、がっちりとした体格は独特のオーラを放つ。

 西尾氏も「小坂監督も岡本(和真/巨人)にも引けを取らない素材とおっしゃっていましたし、まさにホームランバッターですよね」と語るように、左右の違いはあれど、高校の先輩で巨人の4番を張る岡本和真と比較をされるだけの逸材。「振りの強さと打球の速さは高校生離れしたものを持っているので、是非注目してみてください」と語った。

 そして、上述しているように、智弁学園は初戦で大阪桐蔭と激突。実は昨秋の近畿大会・決勝戦で、前川は大阪桐蔭のプロ注目右腕・関戸康介からライトスタンドに叩き込む見事な一発を放っている。リベンジに燃える相手を打ち砕くような一撃を、聖地でも見せることができるか。こちらも注目だ。


名人級の守備




▼ 大塚瑠晏(東海大相模)
・遊撃手
・右投左打


 最後に、「注目のバッターを…ということで選びましたが、どうしても紹介したい選手がいたので挙げさせてもらいました」と付け加えたのがこの選手。魅力については「ショートの守備です。守備の名人です」と絶賛する。

 名門の屈強な選手の中では線の細さも感じさせるが、「動きが速いのに、打球処理は正確。強豪チームなのでみんなレベルは高いんですけど、ノックとかを見ていてもひとり異次元という感じです」と太鼓判。「かつて守備の名手として鳴らしたロッテ・小坂誠さんを彷彿とさせるくらい。超高校級の守備力の持ち主です」と賛辞の言葉が並んだ。

 なお、東海大相模の初戦は大会2日目・3月20日(土)、第3試合で東海大甲府(山梨)と対戦。この“東海大対決”は昨秋の関東大会・準々決勝と同じ顔合わせであり、その時は1-2のサヨナラ負け。それも9回裏に2失点を喫しての逆転サヨナラだっただけに、東海大相模としては悪夢を払しょくしたいところ。甲子園で実現する“タテジマの再戦”から目が離せない。


☆協力:プロアマ野球研究所


ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西