ニュース

神宮のヤクルト-巨人は大乱戦… 4回終了時点で計12得点、新助っ人テームズ負傷交代

無断転載禁止
ヤクルト・村上宗隆 (C) Kyodo News
2021.04.27 17:30
東京ヤクルトスワローズ 11 終了 14 読売ジャイアンツ
神宮
ヤクルト - 巨人
<4回戦・神宮>

プロ野球を見るならDAZN!
>>1カ月無料トライアルはこちら<<

 5連勝中の2位・ヤクルトが本拠地にゲーム差なしの3位・巨人を迎えた東京ダービーは立ち上がりから大乱戦。巨人の畠世周は3回途中6失点、ヤクルトの田口麗斗は4回6失点と両先発が踏ん張れず、両軍併せて早くも12得点のシーソーゲームとなっている。

 先手をとったのは巨人。古巣対戦となった相手先発・田口麗斗に連打で一死一二塁の好機を迎えると、4番・岡本和真の中前適時打で幸先よく先制。さらに二死満塁から7番・若林晃弘の放った強烈なゴロを三塁・村上宗隆が後逸する間に2者が生還し3点を先取。2回にも岡本和の犠飛でリードを4点に拡げた。

 しかし、ヤクルトは直後の2回裏、イニング先頭の村上が9号ソロとなる弾丸アーチを左翼席へ放り込み反撃の狼煙。さらに一死一二塁のチャンスでドラフト4位ルーキーの8番・元山飛優が右前へ弾きかえすと、この打球が右翼・梶谷の目の前で大きく弾んで右中間を転々。ツキも味方にこの打球が2点適時三塁打となった。さらに9番・田口が3球目にスクイズを敢行し、三走・元山が間一髪の好スライディングで同点のホームイン。あっという間に試合を振り出しに戻した。

 ただ、乱戦模様は3回も変わらず、巨人は8番・大城卓三の4号ソロで再び勝ち越し。対するヤクルトは2番・中村悠平が左安打、山田哲人が四球で無死一二塁とチャンスメークし、巨人はここで先発の畠世周を諦め大江竜聖にスイッチ。4番・村上は二飛に倒れたが、5番に打順を上げた新助っ人・オスナが左前へ適時打を放ち5-5の同点に。

 さらにこの打球を処理しようとした巨人の左翼・テームズがジャンプした際に脚を痛め身動きを取れず悶絶。「6番・左翼」で来日初出場も、担架で無念の負傷交代となった。

 ヤクルトは負傷中断直後のチャンスで6番・青木宣親が勝ち越し中犠飛を放ち、この回2得点。最大4点あったビハインドをひっくり返し逆転に成功したが、先発の田口が直後の4回表に岡本に同点適時打を許し毎回失点。古巣打線に2桁10安打を浴び、6-6の振り出しに戻された。
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西