ニュース 2021.06.07. 12:00

『ライオンズ×ヤキュイクキャンプ2021 Summer』を開催。ライフスキルプログラムに加えて元プロ選手から野球技術の指導を受けるチャンス!

2021年夏休みの「ヤキュイクキャンプ」では、埼玉西武ライオンズとともに『ライオンズ×ヤキュイクキャンプ2021 Summer』を開催することが決定しました。



『ライオンズ×ヤキュイクキャンプ2021 Summer』では、「技術力向上」「野球を楽しむ」「考える力を身につける」を前提に、3日間の日帰りトレーニングを行います。
今回は、埼玉西武ライオンズのお膝元の所沢市内と埼玉県の中心都市であるさいたま市内の2か所で日帰りキャンプを実施いたします。
キャンプでは、「ライフスキル」を磨くだけでなく「野球の技術」の向上をテーマにコロナ禍でもさらなる成長を目指すお子様をライオンズOBとヤキュイクコーチが応援します。

※6月21日更新:所沢会場、大宮会場共に定員に達したためキャンセル待ち受付となります。

■こんなお子様にオススメのキャンプです


□キャプテンを目指している。
□リーダーシップを身につけたい。
□野球を通して「考える力」を身につけたい。
□もっと野球を好きになりたい。
□野球での自信を失っていて野球の楽しさを思い返したい。

■キャンプの特徴


①ライオンズOBが技術指導を担当



ライオンズで活躍した元プロ選手で、現在ライオンズアカデミーでコーチとして子どもたちを指導している、経験豊富な講師陣が技術指導を行います。投手、捕手、内外野手とそれぞれのポジションで一流を知るプロフェッショナルが在籍しています。プロの見本を見せながら、子どもたちと同じ目線で野球の楽しさと技術を伝えていきます。

②ライフスキルプログラムを導入したキャンプ
4年生から6年生は初日と最終日にライフスキルセミナーを行います。動画や写真などを使い、選手に分かりやすくライフスキルを伝えます。
またアンケート、チャートを使い初日と最終日にどんな変化があったのかを確認する事ができます。
数値化することで今の自分を知る事ができ目標をもって今後のトレーニングに臨めるようになります。

<キャンプで伸ばす5つの項目>
1.考える力
2.リーダーシップ
3.感謝の心
4.チャレンジ
5.コミュニケーション

▼「ライフスキル」とは何か
文部科学省のホームページにも掲載されていますが、具体的なライフスキルを10項目挙げています。

意思決定/問題解決/創造的思考/批判的思考/効果的コミュニケーション/
対人関係スキル/自己認識/共感性/情動への対処/ストレス・コントロール

慶應義塾大学・東海林祐子先生の監修のもと、姉妹サイトの「サカイク」ではサッカーを通してライフスキルを高めるために必要な項目を「サカイクライフスキル」として、子どもたちやお父さんお母さんにもわかるように5つにまとめました。
「サカイクライフスキル」とは、競技は異なりますがチームスポーツを通して身につける事が出来ることから、野球に置き換えヤキュイクキャンプに導入致します。
東海林裕子先生による研修を受けたコーチ陣がキャンプを担当致します。

▼第1回キャンプレポート
1.考える力(2019年8月30日掲載)
2.リーダーシップ(2019年9月8日掲載)
3.感謝の心(2019年9月14日掲載)
4.チャレンジ(2019年9月20日掲載)
5.コミュニケーション(2019年9月28日掲載)

▼第1回キャンプライフスキルアンケート結果



▼「自分で考えて決められる賢い子ども 究極の育て方」
サカイクライフスキルについて、KADOGAWAより好評発売中。

③「“成功体験”を通し「自分で考える力」を身につける



練習メニューは単なる反復練習ではなく、状況把握・判断を養うよう構成されています。
例:中継リレーゲーム
センターから2名経由した中継リレーでいかに早くキャッチャーまでボールを届けるかをタイムを計りチームで競います。1回目の測定から2回目の測定の間に「どうすれば、早く中継リレーが出来るのか?」をチームで話し合いながら状況把握・判断を養います。
1回目よりも早くキャッチャーに届けられたという「成功体験」を通して自信も身につけていきます。

④"質問"をベースにしたコーチングで、選手の考えを引き出す


「自分で考える力が身につく」をモットーにコーチは選手の意見を認め、質問をベースとし、ポイントを伝えすぎずヒントを与える指導法で、選手がチャレンジしやすい環境づくりと選手に考えさせるコーチングを実践します。

⑤「コミュニケーション」や「リーダーシップ」が生まれやすい仕掛けづくり



キャンプ期間では、初めて会う子とプレーを行います。
キャンプ期間の中では、「コミュニケーション」が必要になる仕掛け、「リーダーシップ」を発揮する場面の仕掛けを用意し子どもたちに「きっかけ」を作っていきます。

⑥「野球」の基本原則と投球数を考慮したトレーニングメニュー
肘、肩のケガをしない全身を使ったボールの投げ方の基本原則について、1日目のキャッチボールから子どもたちに伝えていきます。
1日のトレーニングで投球数が多くならないよう調整をしたトレーニングメニューを構築しています。

■キャンプ内容(メニュー例)



■メインコーチ紹介(ライオンズアカデミー)


埼玉西武ライオンズの元選手で現ライオンズアカデミーのコーチ。以下のコーチの中から2~3名が各日参加予定となります。

石井 丈裕(いしい たけひろ)/投手
1988年ソウルオリンピックへ出場。同年のドラフト2位で西武ライオンズへ入団。
1992年に大活躍して、チームは日本一に。日本で一番のピッチャーへ贈られる"沢村賞"や"MVP"など数々の賞も受賞。
引退後は投手コーチや編成を経て、現在はライオンズアカデミーコーチとして子どもたちに野球を教えている。



星野 智樹(ほしの ともき)/投手
1998年ドラフト3巡目で西武ライオンズへ入団。
左投げの中継ぎとして活躍し、2008年には勝利投手としてライオンズを日本一へ導く。
東北楽天イーグルスへ移籍し、引退後はライオンズアカデミーコーチとして子どもたちに野球を教えている。



吉見 太一(よしみ たいち)/捕手
第80回全国高等学校野球選手権大会(夏の甲子園)で正捕手としてチームを準優勝に導く。
2005年大学・社会人ドラフト3巡目で西武ライオンズへ入団し引退後はブルペン捕手を経て、現在はライオンズアカデミーコーチとして子どもたちに野球を教えている。



原 拓也(はら たくや)/内野手
2006年度大学・社会人ドラフト4巡目で西武ライオンズへ入団。球団新記録の51犠打を記録するなど一軍で活躍した。
13~16年のオリックス・バファローズでの活躍を経て、現在はライオンズアカデミーコーチとして子どもたちに野球を教えている。



宮田 和希(みやた かずき)/投手
2008年ドラフト6位で西武ライオンズへ入団。2015年5月12日にタイガース戦でプロ初勝利を挙げた。2016年のいt内後は、ライオンズアカデミーコーチとして子どもたちに野球を教えている。



高橋 朋己(たかはし ともみ)/投手
2012年ドラフト4位で埼玉西武ライオンズに入団。2014~15年を中心にチームの守護神としてクローザーで活躍する。
2014年は日米野球の日本代表に選出される。2020年に引退し、今後はライオンズアカデミーコーチとして子どもたちに野球指導を行っていく。



水口 大地(みずぐち だいち)/内野手・外野手
プロ野球独立リーグを経て2012年育成選手ドラフト1位で埼玉西武ライオンズに入団。
2015年のシーズン中に支配下選手登録され、本職の内野だけでなく外野手としても出場機会を得た。2020年に引退し今後はライオンズアカデミーコーチとして子どもたちに野球指導を行っていく。



金子 一輝(かねこ かずき)/内野手
2013年ドラフト4位で埼玉西武ライオンズに入団。2018年にはプロ初安打・プロ初ホームランを記録した。
2019年の引退後はライオンズアカデミーコーチに就任し、現在はこどもたちに野球を教えている。


■メインコーチ紹介(ヤキュイクコーチ)


高橋 雄太(侍ジャパンU-12コーチ)
横浜隼人高校→国士舘大学で投手としてプレー。その後、社会人軟式企業チームで6年プレー。引退後、社会人軟式企業チーム監督を3社歴任し全国大会出場を果たす。
2018年から千葉県松戸市の学童野球の小金原ビクトリーの監督に就任し、同年の侍ジャパンU-12日本代表のコーチとして台湾遠征へ帯同。現在は、学童野球の他、茨城県の江戸崎ボーイズの特別アドバイザーコーチとして指導。
保有資格:日本スポーツ協会公認 軟式野球コーチ、BASEBALL5 公認指導者
>>高橋コーチのヤキュイク記事はコチラ


宇野 誠一
桐蔭学園高校→獨協大と内野手、捕手としてプレー。社会人野球ではリクルート、ローソン、フェデックスに所属。コーチ、監督経験も含め通算15年の社会人野球指導歴を持つ。
その後学童野球で6年間指導者として小学生を指導、次男、三男を侍JAPANアンダー12代表(2014,18)に育てた。
現在は中学硬式チームの監督を務め、ジュニアの育成期の野球指導に深く携わる。
>>宇野コーチのヤキュイク記事はコチラ

■キャンプ概要


日程/開催場所
① 2021年7月26日(月)~7月28日(水)/所沢市総合運動場【※定員に達しました。キャンセル待ちを受付ます】
② 2021年8月4日(水)~8月6日(金)/大宮第二・第三公園軟式野球場【※定員に達しました。キャンセル待ちを受付ます】

対象
小学校4~6年生(定員50名)
※小学校3年生でご参加を希望される方は個別にご相談ください。

使用球
軟式ボールJ号
ポジション 全ポジションの選手が対象です。

参加費
38,500円(税込)
※お支払い方法は銀行振込、またはクレジット決済からご選択いただけます。
クレジット決済をご希望の方は、株式会社イースリーが運営する「イースリーショップ」でのショップチケット購入による決済となります。

参加費に含まれるもの
・食事代金(1日目、2日目の昼食)
・スポーツ保険代
・コーチング諸費用(コーチング・グラウンド使用料・備品など)
・ライフスキルセミナー参加費
・キャンプオリジナルTシャツ代

キャンセル規定
キャンセル料金
20日~14日目まで:キャンプ代金の20%
14日~2日目まで:キャンプ代金の30%
キャンプ前日:キャンプ代金の50%
キャンプ当日:キャンプ代金の100%
※ご返金対応いたします。

運営元
株式会社スポイク(ヤキュイク)
埼玉西武ライオンズ(ライオンズアカデミー)

共催
8月4日(水)~8月6日(金)
大宮アルディージャ

※アレルギーをお持ちの方、フォーム入力時にご記入をお願い致します。
運営事務局よりアレルギーに関するお問い合わせをさせていただくことがございます。

■キャンプのご注意事項


・各イベントのライオンズOB講師は当日発表となります。
・埼玉西武ライオンズの現役選手やコーチは参加いたしません。
・キャンプ期間中は、保護者様から離れ非日常体験を通しライフスキルの向上をはかるため練習見学は原則禁止とさせていただきます。
・サービスの対象や内容は、予告なく変更させていただく場合がございます。
・新型コロナウィルス感染拡大の影響や応募人数によって、やむを得ず中止となる場合がございます。ご了承ください。
・新型コロナウィルス感染拡大防止対策として、3密が発生しないよう距離の確保、マスクの着用(練習中は除く)、開催中や前後における参加者やご家族の方などに係る行動管理などにご協力いただきます。詳細は別途お申込いただきました方へご連絡いたします。
・送迎など同伴の方は参加者1名につき原則2名とさせていただきます。(練習見学はできません)
・お支払いはご予約時の事前決済となります。
・体調不良者(37.5℃以上の発熱者)の参加を禁止とします。
・キャンプ開催15日前より体温の計測をお願い致します。(参加者の方へ体温記録用紙をメールにてお送りいたしますので毎日の体温を記録するようにしてください。)
・新型コロナウィルス感染症や天災等の影響に伴い、開催が困難となった場合は全額返金いたします。
・所沢市総合運動場開催分は、雨天や荒天の場合は内容を変更して所沢市民体育館サブアリーナ内で練習を行います。
・大宮第二・第三公園軟式野球場開催分は、雨天や荒天により中止となった場合、中止日数に応じて返金いたします。
※ライオンズアカデミー生:1・2日目10,000円、3日目5,000円/一般:1・2日目12,000円、3日目6,000円(予定)
※ライフスキルセミナーはオンラインで開催予定。
・大宮第二・第三公園軟式野球場開催分は大宮アルディージャが共催し、会場調整等を行います。

お問い合わせ先


株式会社スポイク キャンプ事務局
担当:平木(ヒラキ)
〒102-0076東京都千代田区九段南2-4-11 HIVE TOKYO 703
MAIL:info@yakyuiku.jp
※現在、テレワークでの営業となります。お問い合わせはメールにて承っております。
ツイート シェア 送る

もっと読む

連載・コラム
カラダづくり
練習
お役立ち
チーム紹介
TOPICS