ニュース 2021.08.20. 20:43

中日、阪神にスッキリ快勝 4得点以上は10試合ぶり、柳は4安打完封で8勝目

無断転載禁止
中日・柳裕也 (C)Kyodo News
2021.08.20 17:45
中日ドラゴンズ 6 終了 0 阪神タイガース
バンテリンドーム
○ 中日 6 - 0 阪神 ●
<12回戦・バンテリンドーム>

 中日が首位・阪神に快勝。2回に一挙5点を奪うなど久々に打線がつながり、4得点以上を記録したのは5-5で引き分けた7月11日のDeNA戦(バンテリンD)以来、10試合ぶりとなった。

 中日は初回、二死二塁で4番・ビシエドが痛烈な右前打を放つも、ここは阪神の右翼・佐藤輝の好送球に阻まれ二走・京田が本塁タッチアウト。それでも2回、5番・福留の左中間フェンス直撃の二塁打などで無死一、三塁の好機を作ると、7番・木下拓の中前適時打で先制した。さらに、9番・柳の三ゴロが野選を誘い2点目を奪うと、1番・京田の左前適時打で3点目。なおも二死一、二塁で3番・大島が2点適時二塁打を左翼線へ運び一挙5点のビッグイニングとした。

 8回は8番・溝脇が、今季初打点となる適時三塁打を右中間へ運びダメ押しの6点目。8回までに計11安打6得点と久々に打線がつながった。

 先発の柳は3回までノーヒット投球。打線の援護を受けた中盤以降もテンポ良くアウトを重ね、9回147球、4安打無失点、7奪三振1四球の快投で今季8勝目(5敗)を今季2度目の完封で飾った。


ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西