ニュース 2021.10.03. 06:59

力投を見せながら10戦勝ちなしの中日・ロドリゲス…谷繁氏は“交代のタイミング”に疑問

無断転載禁止
中日のヤリエル・ロドリゲス

「勝ちの望みがない状態での継投」


 中日は敵地で阪神に2連敗…。

 2日の試合は先発したジャリエル・ロドリゲスが初回に3ランを浴びながら、その3点だけで7回途中まで投げ進む力投を見せたものの、打線が阪神先発・髙橋遥人を攻略できずに完封負けを喫した。




 これで今季は10試合の登板で0勝4敗。

 前回登板の9月25日・ヤクルト戦では、7回まで相手打線を無安打に封じる快投を見せ、8回途中1安打で無失点の投球ながら勝ち負けつかず。

 今季は試合を作りながらも勝ち運に恵まれない日々が続いている。



 この日の投球に関して、2日放送のCSフジテレビONE『プロ野球ニュース』に出演した谷繁氏は「好投はしているんですが、味方の援護がなくて…」としつつ、“交代のシーン”について持論を展開した。

 「この試合は7回一死で交代されたんですが、次が投手(髙橋遥人)という場面。そこで二死を取って、走者なしで1番の近本と勝負をして、7回を終わっての交代なら、もしかしたら味方が8回表に点を取ってくれるかもしれないじゃないですか。あの代わり方だと、もう負けか、負けが消えるかしかない。そういう交代が目立つんですよね」。


 この点については、同じく番組に出演した高木豊氏も「前回のヤクルト戦もそんな感じ(※勝ちがない状態での降板)でしたよね…?ちょっとかわいそうだなと」とコメント。「このピッチャーを勝たせてあげられないと中日は苦しいですよ」と、成績と内容が伴っていない部分を強調する。

 前回は無安打投球を続けていたこともあって、125球と球数がかさんだ中での8回途中降板。そして、この試合では球数ちょうど100球で7回途中の降板。イニングを投げきっての交代であれば“白星の望み”も残った状態での降板になるが、そうではなかった点を谷繁氏は気になった点として指摘した。


☆協力:フジテレビONE『プロ野球ニュース2021』



【PR】中日ドラゴンズを観戦するなら「DAZN Baseball」

立浪和義監督3年目の中日は中田翔を主砲に迎え打力を強化。大野雄大や小笠原慎之介ら実績のある先発陣を打線が援護できるかが下剋上のカギ!

「DAZN Baseball」とは、月額2,300円(税込)でDAZNのプロ野球コンテンツをすべて楽しめるプランです(月々払いの年間プランのみ)。

プロ野球だけを楽しみたい方は、月額4,200円(税込)のDAZN Standard​よりも1,900円お得に視聴できます。

POINT

ペナントシリーズ、交流戦、CSまで余さず堪能できる!

② オフシーズンもドキュメンタリーやバズリプレイなどコンテンツが充実!

毎月2,300円でライブ配信・見逃し配信・ハイライトまで視聴可能!

【PR】「DMM×DAZNホーダイ」でプロ野球を観よう!

「DMM×DAZNホーダイ」とは、DMMプレミアムとDAZN Standardをセットで利用できるプラン。

単体契約ならDMMプレミアム月額550円(税込)、DAZN Standard月額4,200円(税込)のところ、本プランなら月額3,480円(税込)だからとってもお得です。

POINT

① 「DMM×DAZNホーダイ」なら単体契約より月額1,270円(税込)も安い!

② DAZNだけの契約と比較しても月額720円(税込)お得に楽しめる!

③ 新規入会月から最大3カ月間、「DMMポイント」を550ポイント付与!

ポスト シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西

メジャーリーグ

高校・育成