ニュース 2021.10.11. 18:39

中日、2位で駒大・鵜飼を指名 1位の上武大・ブライトに続き右の大砲指名

無断転載禁止
上武大・ブライト健太選手 [写真提供=プロアマ野球研究所]

今季は打率、得点、本塁打数ともリーグワースト


 プロ野球のドラフト会議が11日に東京都内で開かれ、中日は1位で単独指名に成功した上武大・ブライト健太外野手(22)に続き、2位で駒大の鵜飼航丞内野手(22)を指名した。

 ガーナ人の父を持つブライトは、184センチ84キロとスケールの大きな右の大砲。打つだけではなく50メートル走5秒9、遠投は100メートルと高い身体能力を誇る。今春から打撃が開花し、春のリーグ戦ではMVPとベストナインを受賞。大学野球選手権では2本塁打を放ち、一躍ドラフト上位候補となった。

プロ野球を見るならDAZN!
>>1カ月無料トライアルはこちら<<

 鵜飼は1年春からリーグ戦デビューを果たし、2年秋には初本塁打を記録。3年秋からは4番を任され、右の大砲としてチームを牽引した。182センチ100キロのガッチリとした体格。大学では主に一塁と左翼を守った。

 中日は今季ここまで、12球団1位のチーム防御率3.25を記録する一方、チーム打率、同得点数、同本塁打数はいずれもリーグワースト。迫力不足の打線に、魅力溢れる右の大砲が加わることになった。
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西