ニュース 2022.01.17. 14:30

柳田、安田、清宮ら8名が陽性判定 自主トレ組で新型コロナ集団感染

無断転載禁止
ソフトバンク・柳田 (C)Kyodo News

17日時点では「無症状」とのこと


 ソフトバンク、西武、ロッテ、日本ハムの4球団は17日、佐賀県で自主トレーニングを行っていた柳田悠岐選手、谷川原健太選手、真砂勇介選手(いずれもソフトバンク)、戸川大輔選手(西武)、安田尚憲選手(ロッテ)、清宮幸太郎選手(日本ハム)と、同行していたスタッフ2名の計8名が新型コロナウイルス陽性判定を受けたと発表した。

 各球団の発表によると、15日に戸川が発熱し、翌16日に自主トレーニングに参加していた選手・スタッフ12名がPCR検査を受検。その結果、上記8名が新型コロナウイルス陽性判定を受けたという。

 発熱症状が見られた戸川も含め、陽性判定を受けた8名は17日時点で無症状とのことで、現在は各療養施設及び自宅にて療養中。陰性判定を受けたスタッフ4名も、濃厚接触者の判定が出るまでは公共交通機関を使用せずに移動し各々待機しているという。
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西