ニュース 2022.08.06. 06:14

中日・外野の拙守が響き3連敗…平松氏「この守備をされたらピッチャーは困りますよ」

無断転載禁止
中日・立浪監督 (C)Kyodo News

レビーラの急造外野起用が裏目に


 中日は攻守で先発の大野雄大を援護できず3連敗を喫した。

 1点を追う5回の守備で先頭の神里和毅のレフトフライを左翼手のレビーラが目測を誤り捕球できず3塁打にすると、続く、嶺井博希にタイムリーを許し2点目を献上。さらに、6回には無死二・三塁で宮﨑敏郎の左中間への打球をレビーラが深追いして2点タイムリーとなり、大野は6回4失点で降板となった。

 5日放送のCSフジテレビONE『プロ野球ニュース』に出演した平松政次さんは「外野手の守りの差がでましたね」と振り返り、レフトで起用されたレビーラについては「普通の外野手だったら簡単に取ったでしょうけど(外野の経験がない)レビーラはね…。(先発の)大野が1点取られましたけどよく投げていたんですが、これでちょっと気持ちが切れましたね。そういう意味ではエラーにはなりませんが大きなプレーでしたね」と試合の勝敗を分けるポイントになったと指摘。

「(レビーラは)バッティングはパワーがあるし打つんですが守る所がないんですよね。急造だったんでしょうけど、この守備をされたらピッチャーは困りますよ」と苦言を呈した。

「DeNAからすると6回に(一死一・二塁から)岡林のセンター前のヒットになりそうな打球を桑原がファインプレーするわけですよ。これをヒットにしていたら、この回に3点、4点取られていたかもしれないゲームでした。そういう意味では守りの差がこういう結果になったと思いますね」と両チームの外野の守備が明暗を分けたとの見解を示した。

☆協力:フジテレビONE『プロ野球ニュース2022』


ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西