コラム

来季は「走れることをアピール」…荒木雅博の“最後のスパイク”を掘り起こした京田陽太

無断転載禁止
荒木と2年間ともにプレーした京田陽太 (C) Kyodo News

通算378盗塁の先輩から譲り受けたもの


 もらったことは覚えている。大切にしてもいた。でも、それを「使う」と考えるまでには2年かかった。


 中日の京田陽太はこのオフ、2017年から2年間ともに戦った荒木雅博(現・内野守備走塁コーチ)の使っていたスパイクと同じものを発注した。

 「いただいたものは大切に。新しく来たものを手にして、履いてみて、軽いな、走りやすいな、と思いました。合っていると思います」


 素材はエナメルからスエードへ。ソールはクッション性の高い分厚い素材よりも、薄さを重視する仕様。

 「前への動きに加えて、横への動きも重要です。分厚いソールは、足首がグラグラします」

 ナゴヤ球場で走り、打ち、守る…。履き心地や性能をチェックして、今後の自主トレ、春の沖縄キャンプで使うことも決めた。


荒木がスパイクに込めた想い


 2年前の記憶は、荒木の引退試合が行われた2018年3月3日。ロッテとのオープン戦(ナゴヤドーム)だった。

 三ゴロに倒れた先輩に「何かください」とお願いしたところ、渡されたのはスパイク。その時は「バットやグラブではなく、スパイクなんだ。何でなのかな」と感じたという。

 では、なぜ荒木コーチはスパイクを渡したのか…。京田には伝えてなくても、意味があった。

 「何かください、と言われたときに、スパイクが目に飛び込んできた。自分が履いたことないタイプだったから、あげた。渡すモノはバットでもグラブでも、モノは何でもよかった。感じてほしいのは、道具はたくさんあって、試していくうちに、何が必要かを考えることの重要性。オレだって、自分に合うものにたどりつくまでに時間がかかったもん」


 荒木は1996年にドラフト1位で中日に入団。2001年に初めて100試合を超える111試合に出場した。

 一軍定着した、と胸を張って言えるようになったのは2003年。「メーカーの担当者に、要望を伝えはじめたとき」だという。与えられる用具を使っていた選手が、道具の力も使って高いパフォーマンスを発揮するステージに上がった転換期となった。

 その2003年というと、荒木は26歳のシーズン。今季の京田と同じだ。大卒2年目、当時24歳の京田にスパイクを渡したのは、道具の大切さに早く気づけ、というメッセージも含まれていた。

 荒木コーチ自身、「これが最も合う。ずっと使う」と決めたのは、30歳を過ぎてからだという。


目指すは一人で「33」


 チームとして、来季の盗塁数を爆増させたい。今季のチーム盗塁数33は悲惨な数字だった。

 1試合当たり0.275個。これはナゴヤドームを本拠地とした1997年以降でワースト。広い球場で、走力を重視する野球に転換したはずのチームが、まるで足を使えなかった。


 京田は「今季のチーム盗塁数をひとりで走るつもりでやります。オープン戦から走れることをアピールして、走ってもいいサインを出してもらえるようにしたいです」と語る。

 ルーキーイヤーからの盗塁数の推移は23、20、17と減少の一途をたどり、今季に至っては8つ。いくら短縮シーズンだったとはいえ、「8」はさみしすぎる。

 目指せ33盗塁。その道のりは、通算378盗塁の先輩・荒木を支えたスパイクとともに歩むことになりそうだ。


文=川本光憲(中日スポーツ・ドラゴンズ担当)
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西