コラム

「曲線」ではなく「直線」でシーズンを走り抜く…“静か”だった沖縄での岩崎優

無断転載禁止

静かなる調整は信頼の証


 静かなまま、沖縄での1カ月を終えた。それは決してネガティブな意味ではない。こと岩崎優に限っては…。

 「自分のやりたいことはしっかりとできましたし、順調なんじゃないですかね」







 キャンプ最終盤、寡黙な左腕は表情を変えぬまま、小さくうなずいた。


 「静」と書いたのは、分かりやすい表面的な動きがほとんどなかっただけだ。

 投手陣では、ロベルト・スアレスとともに実戦登板はいまだにゼロ。守護神はコロナ禍での来日で2週間の隔離措置があったため、第2クールでの途中合流だった。

 一方、セットアッパーを託される左腕は、初日からじっくり、ゆっくりとキャンプ地の宜野座で汗を流す日々。調整を一任されているのは、首脳陣の信頼の証に他ならない。


「まあまあじゃないですか」


 では一体、何をしていたのか。細心の注意を払っていたのが、故障のリスクだ。

 2019年には左肘の張りを発症し、昨年も右足を痛めた。ともに2月の沖縄での出来事。過去2年はシーズンを完走できておらず、その背景には春に顔を見せた“綻び”が少なからず影響していた。

 「ケガをせずに開幕に向けてやっていくことが一番。調整を任されている以上、キャンプも自分の状態を見ながらメニューも考えてやっている」

 もはや、チームの命運を左右する存在となり、開幕へ向けてのコンディション調整にも、いち選手にとどまらない大きな責任が伴う。リタイアがチームにとって一大事となってしまう立場になった。


 宜野座のブルペンでは、投げ込みの量よりも質を重視。100球を超えることはほとんどなかった。

 メリハリをしっかりとつけ、中盤には疲労が溜まったため、あえてペースダウン。「ほとんど想定内で動けたと思う」と、ここまでは計画通りだという。

 28日には、スアレスとともにシート打撃に登板して初めて打者と対峙。「まあまあじゃないですか」と、“らしく”現状を語っていた。


ピークは「作らない」


 それでも、ギアチェンジの時は近づいている。

 「(今後は)試合に投げながらって感じですね」

 間もなく、満を持して対外試合のマウンドに上がる。試合で感じること、修正点も出てくるはずで、東京ヤクルトスワローズと相まみえる3月26日の開幕戦へ向けて、調子の波を緩やかに上げていく。


 ただ、どこかにピークを作るイメージはないという。

 「ピークはないというか……難しいですね」

 ブルペンで修羅場をくぐり抜けてきた男だけに、いつ何時も厳しい場面での起用があることは覚悟する。言うならば「曲線」にはならない、安定した「直線」のまま1年を戦い抜くのが理想なのかもしれない。


 60試合登板をクリアした上で防御率0点台、救援失敗も0という高次元のミッションを自らに課す背番号13。「静」から「動」へ、これから長いシーズンを走り抜けるための加速に入っていく。


文=チャリコ遠藤(スポーツニッポン・タイガース担当)
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西