ニュース

楽天、リード保ち後半へ! 先発・美馬が力投、3連投の高梨は”秋山斬り”

無断転載禁止
CSファーストステージ第3戦で好リリーフを見せた楽天・高梨=メットライフドーム
2017.10.16 18:00
埼玉西武ライオンズ 2 終了 5 東北楽天ゴールデンイーグルス
メットライフ

打線ではウィーラーが打って走って大活躍!


 勝った方が福岡行きとなるパ・リーグのCSファーストステージ第3戦。前半は楽天が2-1とリードを保ち、試合は後半戦へ突入した。

 楽天は初回、6番ウィラーの適時内野安打で先制。「打ったのはカーブ。何としても先制したかったから食らいついていったよ。島内が頑張って走ってくれたおかげだね」と話した助っ人は、4回の第2打席でも中前打を放ち、二塁進塁後、西武先発・野上の暴投で一気に2点目となる本塁へ滑り込んだ。

 先発の美馬は4回まで無失点。初回にいきなり無死三塁の大ピンチを背負ったが、西武の上位陣に得点を許さず。与田投手コーチは「初回のスリーベースヒット以降は低めに丁寧に投げられている。ストレートが良く、緩急を上手く使えている」と技巧派右腕の好投を称えた。

 5回は一死二、三塁のピンチを背負ったあと、9番炭谷に右犠飛を許し失点。1点差に迫られ、なおも二死三塁とピンチは続いたが、楽天ベンチはここで2番手・高梨を投入。新人左腕は見事なスライダーで、1番秋山を空振り三振に仕留めた。

 美馬は4回2/3で降板したが、負けられない一戦で3安打4奪三振1失点の好投。降板後は「今日は最初から飛ばしました。5回途中ですが、試合は作れたかなと思います。高梨が昨日に続いてよく抑えてくれましたね。あとはチームが勝つようにしっかり応援したいと思います」とドラ9左腕の好救援を称えた。

ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西