ニュース

ソフトB、今季最多8連勝で西武と6差 ミランダが9回途中1失点で来日2連勝

無断転載禁止
ソフトバンク・ミランダ=ヤフオクD(C)KYODO NEWS IMAGES
2018.08.25 18:00
福岡ソフトバンクホークス 5 終了 1 埼玉西武ライオンズ
ヤフオクドーム
○ ソフトバンク 5 - 1 西武 ●
<17回戦・ヤフオクドーム>

 ソフトバンクが今季最多の8連勝。首位・西武との直接対決にも連勝し、ゲーム差を6に縮めた。

 デビュー2戦目となった先発左腕・ミランダが、またしても快投を披露した。初回は二死から3番浅村に四球を与えたものの、奪ったアウトはすべて三振。2回以降もテンポのよい投球で西武打線を翻弄した。

 8回は先頭の7番森、8番熊代をそれぞれ1球ずつで片づけると、続く金子侑には粘られたものの最後は三ゴロに退けた。ノーヒットノーランまであと3人としたが、9回に先頭の1番秋山に右越え安打を浴び快挙は逃した。

 その後、3番浅村に適時二塁打を許したあと、5番外崎に四球を与えたところで降板。来日初完封初完投も逃したが、8回2/3、2安打8奪三振4四球の好投でデビューから2連勝とした。

 打線は西武先発・十亀を得意とする5番松田が、初回の第1打席で先制の左前適時打、4回の第2打席では左越えソロをマーク。3点リードで迎えた8回は、4番柳田、続く松田の連続ソロでダメ押しの2点を加えた。

 対する西武は、ミランダのノーヒットノーランこそ阻止したものの、打線が2安打と振るわず2連敗。十亀は7回途中3失点と粘ったが、またも天敵・松田に痛打され8敗目(5勝)を喫した。

ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西