ニュース 2019.03.09. 20:21

オリックスの新3、4番が本拠地で躍動! 吉田正先制打、メネセス4安打

無断転載禁止
1回表に中前適時打を放った侍ジャパンの5番・吉田正尚(左)

開幕投手・山岡も2回無失点の好投!


 オリックスの新3、4番が、国際試合でいきなり快音を響かせた。

 京セラドーム大阪で行われている「ENEOS 侍ジャパンシリーズ2019 vs.メキシコ代表」。その1回表、侍ジャパンの「5番・指名打者」で先発出場中の吉田正尚(オリックス)は、二死一、三塁の好機で、先制点となる中前適時打を放った。

 今季からオリックスに加入したメネセスは、メキシコ代表の「4番・右翼」で先発出場。チームは1回裏、侍ジャパン先発の今永昇太(DeNA)に3者連続三振に封じられたが、2回に先頭打者として打席に入ったメネセスは、チーム初安打となる二塁打を左中間へ運んだ。

 4回は侍ジャパンの2番手・山岡泰輔(オリックス)との“同僚対決”。ここでも右中間フェンス直撃の二塁打を放ち、本拠地ファンを沸かせた。新助っ人はさらに、第3打席で中前打、第4打席は中越え二塁打と、3本の二塁打を含む4打数4安打と大当たり。メキシコ代表の逆転勝利に大きく貢献した。

 オリックスは今季のオープン戦、初戦から3試合連続で3番・メネセス、4番・吉田正のオーダーを組んできた。代表チームでも主軸を担うふたり。シーズンでの共闘にも期待大だ。

 山岡は3回と4回の2イニングを投げ、1安打無失点3奪三振と好投。こちらも代表戦で存在感を示し、すでに決定している開幕登板へ弾みをつけた。

 試合は4-2でメキシコ代表が逆転勝利。侍ジャパンは中盤以降、投手陣が踏ん張れず、打線は4併殺を喫するなど拙攻が目立った。

【PR】オリックス・バファローズを観戦するなら「DAZN Baseball」

今季リーグ4連覇と日本一奪還を目指すオリックス。エースの山本由伸が抜けた穴を埋めるのは宮城大弥か山下舜平大か先発陣の活躍に注目!

「DAZN Baseball」とは、月額2,300円(税込)でDAZNのプロ野球コンテンツをすべて楽しめるプランです(月々払いの年間プランのみ)。

プロ野球だけを楽しみたい方は、月額4,200円(税込)のDAZN Standard​よりも1,900円お得に視聴できます。

POINT

ペナントシリーズ、交流戦、CSまで余さず堪能できる!

② オフシーズンもドキュメンタリーやバズリプレイなどコンテンツが充実!

毎月2,300円でライブ配信・見逃し配信・ハイライトまで視聴可能!

楽天モバイルなら追加料金ゼロで
パ・リーグが楽しめる!【PR】

楽天モバイル パ・リーグSpecial

楽天モバイルに申し込み「Rakuten最強プラン」を契約すると、公式戦やオリジナル番組を追加料金0円で楽しめます。携帯キャリアを乗り換えず、「デュアルSIM」としての契約もおすすめ。パ・リーグをお得に観戦できるチャンスをお見逃しなく。

POINT

① パ・リーグ主催の公式戦・オリジナル番組が見放題!

② 見逃し配信にも対応! スマホやTVなど好きなデバイスで視聴可能!

③ キャリア乗換不要。お得で手軽な「デュアルSIM」契約もオススメ!

ポスト シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西

メジャーリーグ

高校・育成