ニュース

ヤクルト、若手躍動で2位キープ 原2連勝&長谷川火消し、村上&塩見弾!

無断転載禁止
ヤクルト・原樹理
2020.07.29 18:00
東京ヤクルトスワローズ 3 終了 1 阪神タイガース
神宮
○ ヤクルト 3 - 1 阪神 ●
<8回戦・神宮>

 ヤクルトが逆転勝利。3位の阪神を直接叩き2位の座を守った。

 ヤクルトは1点を追う4回、阪神先発・ガルシアに対し、先頭の青木が左翼への二塁打で出塁。続く村上は4球目の真っ直ぐを左翼席へ運び、若き主砲の5号2ランで試合をひっくり返した。6回には一軍再昇格後2試合連続スタメンとなった2番・塩見が、3号ソロをバックスクリーンへ。待ち望んだ若手のアベック弾で3-1とリードを広げた。

 先発の原は、5四球を与えながらも5回を最少失点。1点リードの6回は2番手・梅野が一死満塁のピンチを招いたが、代わった長谷川が圧巻の火消し。1番・近本を浅めの左飛に仕留めたあと、続く糸井には150キロ超えの真っ直ぐをズバズバ投げ込み、空振り三振でピンチを脱した。

 7回以降はマクガフ、清水、石山が1イニングずつを無失点。5回1失点と粘った原は2勝目、9回を締めた石山は6セーブ目(2勝1敗)をマークした。

 阪神の連勝は「2」で止まり、2位浮上とはならず。先発のガルシアは5回4安打2失点で3敗目(0勝)を喫し、打線は2回以降、好機を生かせない展開が続いた。
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西