ニュース 2021.03.30. 22:03

ソフトバンクが開幕4連勝!笠谷が6回1失点の好投「粘ることができた」

無断転載禁止
ソフトバンク・笠谷俊介
2021.03.30 18:00
オリックス・バファローズ 1 終了 3 福岡ソフトバンクホークス
京セラD大阪

松田の今季初安打が決勝打に


 ソフトバンクが先発・笠谷俊介の好投でオリックス相手に3−1で勝利し、開幕4連勝を飾った。

 先発の笠谷が初回を三者凡退で終えると、2回表に4番・グラシアル、5番・中村晃の連打で一、三塁の好機を作り、一死後に栗原陵矢の犠飛で先制。さらに松田宣浩の今季初安打が適時打となり、ソフトバンクが2点のリードを奪った。

ソフトバンク戦を観るならDAZN!
>>1カ月無料トライアルはこちら<<

 その裏、先頭のジョーンズに甘く入ったストレートを左翼席に運ばれると、不運な当たりもあって一死一、二塁とピンチは続いたが、頓宮裕真、紅林弘太郎を連続三振に斬ってとった。その後は得点圏に走者を背負うことなく6回を90球、被安打4、与四球2の7奪三振という内容で投げきった。

 すると、7回表に「笠谷が頑張って粘っていたので、何とか先に1点という思いで打席に入った」女房役の甲斐拓也がオリックスの2番手・ヒギンスからソロを放って加点。笠谷の後を、杉山一樹、津森宥紀、嘉弥真新也、森唯斗の継投で凌ぎ、ソフトバンクが接戦をモノにした。

 自身にとっての開幕戦ということで「緊張していた」という笠谷だったが、「野手の方にたくさん声をかけてもらい、気持ちが楽になった」とバックの存在に感謝。「(甲斐)拓也さんのリードにも助けられ、ランナーを出しながらも粘ることができて良かった」と振り返り、試合後には「回の先頭をしっかりとることと、粘ることを考えて投げました」とコメント。失点を喫した2回以外は有言実行のピッチングで開幕4連勝を呼び込む白星をチームにもたらした。
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西