ニュース

楽天・岸孝之の完封勝利に配球の妙?!「今までの岸にないパターン」

無断転載禁止
ロッテ戦に先発した楽天・岸
2021.03.30 17:45
千葉ロッテマリーンズ 0 終了 5 東北楽天ゴールデンイーグルス
ZOZOマリン

“女房役”下妻のリードを評価


 楽天の岸孝之投手が30日、敵地で行われたロッテ戦に先発登板し、三塁を踏ませない快投を披露。9回を投げて107球、無四球で今季最速の完封勝利を飾った。

プロ野球を見るならDAZN!
>>1カ月無料トライアルはこちら<<

 その岸の投球について、30日放送のCSフジテレビONE『プロ野球ニュース』に出演した解説者の谷沢健一さんは「序盤は持ち前のカーブは少なかったけど、途中からチェンジアップとカーブの組み合わせが良かった」と評価した。

 さらに「カーブを投げた後にストレートじゃなくてチェンジアップ。そうやって打者の狙いを尽く外していた。キャッチャーの下妻もよく考えたリードをしていた」と続け、岸の投球と共に女房役を務めた下妻貴寛の配球を称えた。

 これには、この日の番組MCを務め、下妻の入団時に二軍監督に就いていたデーブ大久保監督も反応。下妻に対して「こんなに見事なリードをするのか」と感嘆し、「今までの岸にないパターン。カーブの後、ストレートじゃなくてチェンジアップとか。下妻じゃなきゃできないリードだったと思う」とコメント。谷沢さんが「岸も首を振らない」と指摘すると、デーブ大久保さんも「コミュニケーションがとれているんでしょうね」と応じ、バッテリーの勝利であることを強調した。


☆協力:フジテレビONE『プロ野球ニュース2021』
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西