ニュース 2021.10.13. 06:44

中日が立浪和義氏へ来季監督を要請 球団OBの田尾氏は昇竜復活へ期待

無断転載禁止
現在野球解説者を務める元中日の立浪和義氏

「非常に楽しみになってきましたね」


 中日は12日、与田剛監督が今季限りで退任し、OBの立浪和義氏に来季の監督就任を要請したと発表した。

 立浪氏は「私の中では何も断る理由もないですし、もちろん前向きにこれから考えていきたいと思います」と前向きな姿勢を示しており、今季終了後にも新監督が誕生する見込み。

プロ野球を見るならDAZN!
>>1カ月無料トライアルはこちら<<

 現役を引退した2009年まで中日一筋22年で、通算2480安打を放ったミスタードラゴンズ。今春キャンプでは臨時コーチを務めたが、指導者としての本格的な古巣復帰は引退後初となる。

 12日に放送されたCSフジテレビONE『プロ野球ニュース』に出演した田尾安志さんは「ドラゴンズは打てないチームじゃないですか。監督やるにあたって一番難しいのはピッチャーの補強なんですよ。そう考えたらピッチャー陣は優秀な人がいるし、打撃の方は立浪くんの専門分野ですから、どんどん良くなっていくと思う。非常に楽しみになってきましたね」と期待を寄せた。

 中日は今季ここまでリーグ1位のチーム防御率を記録しているものの、得点・打率・本塁打がリーグワーストに低迷。2011年以来のリーグ制覇へ向けて、深刻な得点力不足の解消が最重要課題となっている。

☆協力:フジテレビONE『プロ野球ニュース2021』
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西