コラム 2021.08.19. 06:29

中日に欠かせない「もの言う兄貴分」 記者は三ツ俣大樹の早期復帰を願う

無断転載禁止
中日・三ツ俣大樹

主将を奮い立たせる厳しい言葉


 どの組織でも同じだろう。ついた肩書の分だけ、ポストの重さだけ、直言する周囲の人間は減る。

 中日・三ツ俣大樹は、1学年下の主将・高橋周平に言うことは言う。前半戦で打率.254と低迷し、再起を誓って五輪期間を過ごす主将へ向けて、厳しい口調で語りかけていた。




 高橋「ぼくが打てなかったから負けた試合ありますよね。分かっています」

 三ツ俣「1試合、2試合じゃないから。結構、たくさんあるぞ。周平がしっかりしないといけないチームだから。俺は俺でもちろん頑張るけど、周平は周平で頑張れよ」

 高橋周「10試合とかありますもんね…。頑張ります」



 二軍時代からの付き合いがあるから、年齢を超えて言い合える。

 高橋周平にとって、口酸っぱく、うるさく言ってくれる人は数少ない。三ツ俣も貴重な1人となる。


チャンスを掴みかけたところで…


 グラウンドだけの付き合いではないからこそ、三ツ俣のケガは悔やまれる。

 後半戦開幕となった8月13日の巨人戦(東京ドーム)。「7番・二塁」でスタメン出場し、2打席目には右前打を放つも、下半身の異常を訴えて途中交代。翌14日に出場選手登録を抹消されている。


 チャンスだった。レギュラーの阿部寿樹が上半身のコンディション不良で長期離脱中。2年目の石川昂弥も死球による骨折でリハビリ生活を送っている。

 アピールは9日のエキシビションマッチ西武戦(バンテリン)。「8番・遊撃」で先発出場し、3回無死一塁で西武・髙橋光成から左翼席へ2ラン。3打席連続安打もマークした。

 その1試合で終わらない。翌10日の同カードでもマルチ安打をマーク。後半戦開幕スタメンをつかんでいた。


 五輪日本代表で金メダルに輝いた師匠へ、活躍を届けたかった。

 オフは毎年、広島・菊池涼介と体を追い込む。他球団の選手は三ツ俣ただ一人。「試合に出るために何が必要か考えろ!」。この言葉が耳から離れない。

 バントと右打ち。一軍で生き抜くための武器を磨いた。

 「菊池さんが上手なところです。勉強してきました」


 リハビリは始まったばかり。足を引きずりながら途中交代したが、もう歩くのに不自由はない。

 借金苦にあえぐドラゴンズ。早期復帰が求められる。主将の隣には、“小言の多い”三ツ俣が必要なのだ。


文=川本光憲(中日スポーツ・ドラゴンズ担当)



ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西