ニュース

総力戦はオリックスに軍配 交流戦優勝に望み

● 巨人 5 - 6 オリックス ○
<4回戦・東京ドーム>

 オリックスが総力戦を制し1点差で勝利。今季巨人戦初勝利を上げる同時に、交流戦優勝にも望みを繋いだ。

 オリックスは5-5で迎えた7回、二死満塁から6番ベーニャがこの日3打点目となる押し出し死球を受け勝ち越しに成功。その後は、7回馬原、8回佐藤達、9回平野佳の勝ちパターンで逃げ切り、パ・リーグ首位の意地を見せた。

 前回の巨人戦で無安打投球を披露した先発の金子は、5回1/3を投げ3失点。勝利投手の権利を得てマウンドを降りたが、2番手の比嘉が代打・セペダに同点3ランを浴び自身6勝目はならなかった。それでも、後続のリリーフ陣が仲間のミスを帳消しにする好投で、セ・リーグ首位を相手に改めてチーム力の高さを証明した。

 巨人はセペダの3ランで一時同点に追いつくも、7回に登板した4番手の久保が、敬遠を含む3四死球と乱調。接戦を落とし、連勝は7で止まった。
ツイート シェア 送る
  • ALL
  • De
  • 西