ニュース

NPBの日本人選手、歴代最高年俸は誰!?

無断転載禁止
現役時代、大魔神の愛称で親しまれた佐々木主浩
 ヤクルトの山田哲人が22日の契約更改で、1億3000万円アップの3億5000万円でサイン。球団では11年の3億3000万円の青木宣親を抜いて、日本人選手史上最高額となった。

 これまでNPBでの日本人選手最高年俸は、誰だったのだろうか…。第1位は、日本球界復帰となった04年と翌05年に6億5000万円を記録した佐々木主浩(当時横浜)だ。復帰1年目の04年に19セーブを記録したが、翌05年はリリーフ失敗が目立ち、全盛期に程遠い内容で、同年限りで現役を退いた。

 2位はゴジラの愛称で親しまれ、当時巨人でプレーしていた松井秀喜が02年に記録した6億1000万円だ。日本最終年となったこの年、松井は日本人では落合博満以来、16年ぶりに50本塁打をマークするなど、打率.334、50本塁打、107打点と大活躍。2年ぶりのリーグ優勝と日本一の立役者となり、同年オフにFA宣言しニューヨーク・ヤンキースへ移籍した。

 3位は6億円で阿部慎之助(巨人)、黒田博樹(広島)の2人。阿部は13年オフの契約更改で6億円に突破。だが翌年は、13年の打率.296、32本塁打、91打点から打率.248、19本塁打、57打点と大きく成績を落とした。

 一方の黒田は、日本復帰2年目の今季6億円となった。日本球界復帰後2年連続で2ケタ勝利を挙げるなど、25年ぶりのリーグ優勝の立役者となった。しかし、今オフ限りで現役を引退した。

 ちなみにメジャーリーガーで活躍するイチローは日本時代の最高年俸は00年の5億3000万円、ダルビッシュ有は11年の5億円、田中将大は13年の4億円となっている。

【日本人最高年俸選手トップ3】
1位 佐々木主浩(横浜)
年俸:6億5000万円
年度:2004年~2005年

2位 松井秀喜(巨人)
年俸:6億1000万円
年度:2002年

3位 阿部慎之助(巨人)
年俸:6億円
年度:2014年

3位 黒田博樹(広島)
年俸:6億円
年度:2016年

(金額は推定)
ツイート シェア 送る
  • ALL
  • De
  • 西