ニュース

巨人・香月が好リリーフ 守護神の乱調救った!!

14日の楽天戦に勝利し交流戦首位の座を守った巨人。9回に守護神・マシソンが3つの四球で満塁のピンチを招いたが、最後は5番手の香月が2者を打ち取り、今季2セーブ目をマークした。

8回途中無失点の先発・菅野から、2番手・山口へ無失点リレー。そのまま3-0のリードで最終回を迎えたが、満を持してマウンドに上がったマシソンの制球が定まらず、瞬く間に一死満塁。守護神の突然の乱調で球場の雰囲気は一変した。

これには堪らず原監督もベンチを飛び出し、4番手の青木にスイッチ。だが、その青木も代打・牧田にタイムリーを打たれ2点差に迫られると、再び原監督は交代を告げ、5番手の香月に命運を託した。

一塁ランナーが帰れば逆転サヨナラの場面だったが、香月は落ち着いて楽天の代打・岩崎をレフトフライに打ち取り2アウト。そして最後は、1番の岡島をショートゴロに退け絶体絶命のピンチを凌いだ。

四球すら許されない場面で、いずれも得意のシュートを打たせチームのピンチを救った香月。巨人移籍初年の昨シーズンはなかなか本領を発揮出来なかったが、今年はマシソン、山口に次ぐ登板数でチームに貢献している。この試合も仲間のミスを帳消しにする好リリーフで、しっかり首脳陣の期待に応えて見せた。
ツイート シェア 送る
  • ALL
  • De
  • 西