ニュース

1位と5位の首位攻防戦!広島先発は本拠地無敗のマエケン 3日のセ・リーグ試合予定

無断転載禁止
今季も本拠地ゲームに強い広島の前田健太©BASEBALLKING
 再び全チームの貯金が消滅し、7月に入っても混戦状態が続くセ・リーグ。
 
 首位・ヤクルトから最下位・中日までのゲーム差は4.5。さらに、5位・広島とヤクルトは1.5差と、今日からの3連戦次第では、広島が一気に首位に躍り出る可能性も出てきた。

 2カード連続勝ち越しと勢いに乗る広島。大事な初戦のマウンドには、ホームゲームで無類の強さを誇る前田健太が上がる。若きエースは、昨年も本拠地で17試合に先発し、9勝3敗、防御率2.14と好投。今季もここまで6試合に先発し、4勝0敗、防御率1.84と抜群の安定感を誇っている。

 前田は今季のヤクルト戦、2試合に先発し0勝1敗の成績だが、防御率は1.80と申し分なく、今日こそは打線がしっかり援護してあげたいところ。

 対するヤクルトは、こちらもシーズンを通して無敗(4勝)を誇る、4年目の古野が先発。前回は中日のエース・大野との対戦だったが、5回2失点と試合を作り4勝目を奪取。安定感では、現在のローテーションの中でも屈指だ。

 ホーム無敗の前田と、シーズン無敗の古野。いずれかに土が付く可能性もある1位と5位による首位攻防戦。今日も、混戦セ・リーグから目が離せない。

 本日予定されてる対戦カードと予告先発は下記の通り。  

【3日の試合予定】

広島(前田健太)- ヤクルト(古野正人)
<マツダスタジアム 18時00分>
・最近5試合の成績
広(5位):○○●○○
ヤ(1位):●○○○○ ※4連勝中!

DeNA(井納翔一)- 阪神(メッセンジャー)
<横浜 18時00分>
・最近5試合の成績
De(4位):○●●○●
神(2位):○○●●● ※3連敗中…
ツイート シェア 送る
  • ALL
  • De
  • 西