ニュース

まさに“ケタ違い”…やっぱりアメリカには夢がある

無断転載禁止
1人で日本の球団1つ分ほどの金額を手にする田中将大

「5億円」という超大台


 いよいよ2016年も残すところあとわずか。いま球界の主な話題といえば“お金の話”。契約更改である。

 ここまでを振り返ってみると、オリックス・金子千尋の5億円がNPBの最高。以下、西武・中村剛也が4億1000万円、ソフトバンクの和田毅と摂津正、阪神・鳥谷敬が4億円とつづく。

 高額な年俸は超一流選手の証。特に“超大台”となっているのが「5億円」というラインだ。以下は日本球界で年俸5億円超えを果たした選手たち。


【年俸5億円超え】
1位 6億5000万円 佐々木主浩(横浜/2004年)
2位 6億1000万円 松井秀喜(巨人/2001年)
3位 6億0000万円 阿部慎之助(巨人/2014年)
4位 5億5000万円 金本知憲(阪神/2007年)
5位 5億3000万円 イチロー(オリックス/2000年)
6位 5億0000万円 中村紀洋(近鉄/2002年)
6位 5億0000万円 城島健司(ソフトバンク/2005年)
6位 5億0000万円 松中信彦(ソフトバンク/2006年)
6位 5億0000万円 ダルビッシュ有(日本ハム/2011年)
6位 5億0000万円 金子千尋(オリックス/2015年)


 そうそうたるメンバーが並ぶランキング。しかし、これらの数字がかわいく見えてしまうようなニュースがある。それがメジャーのストーブリーグに関するニュースだ。


メジャー日本人選手の年俸は?


 今オフ、FAでヤンキースに復帰したメジャー最速守護神ことアロルディス・チャプマン。この男がヤンキースと結んだ契約は、なんと5年総額8600万ドル。日本円にして約101億円となり、年俸に単純換算すると約20億円。一人で金子千尋4人分である。

 海を渡った日本人メジャーリーガーも同様。アメリカで夢を掴み、日本時代を大幅に上回る契約を手にしている。以下は『spotrac.com』より、日本人選手の来季年俸を抜粋し、ランキングにしたもの。


【日本人メジャーリーガーの年俸】
・25億9000万円 田中将大(ヤンキース/全体21位)
・16億4000万円 岩隈久志(マリナーズ/全体73位)
・12億9000万円 ダルビッシュ有(レンジャーズ/全体108位)
・7億0000万円 上原浩治(カブス/全体176位)
・6億4000万円 青木宣親(アストロズ/全体189位) 
・5億8000万円 田沢純一(マーリンズ/全体199位)
・3億6000万円 前田健太(ドジャース/全体229位)
・2億3000万円 イチロー(マーリンズ/全体247位)


 ご覧のように、田中は一人で日本の1球団をまかなえてしまうようなとんでもない金額。10億超えの岩隈やダルビッシュをはじめ、今オフ移籍組の上原、青木、田沢といったところも日本でこの金額ならトップの金額だ。

 さらに年俸には現れない“出来高”が占める部分も多いアメリカ。たとえば前田健太がその一人で、2016年シーズンは細かく設定された出来高項目を順調にクリア。ベースは日本時代と大差ない金額ながら、終わってみれば約12億円を稼いだ。


 もし田中将大やダルビッシュ有が日本球界に残っていたとしたら、今頃どのくらいの年俸になっていたのだろうか...。

DAZNのサイトはコチラ

DAZNの詳しい加入方法などはコチラ

ツイート シェア 送る
  • ALL
  • De
  • 西