ニュース

ソフトバンクが球団初の日本一連覇! 29日の日本シリーズ試合結果

無断転載禁止
4回、李大浩の先制2ランに沸くソフトバンクベンチとスタンドのファン=神宮(c)KYODONEWS
 プロ野球のSMBC日本シリーズ2015は29日、神宮球場で3万1239人を集めて第5戦が行われ、パ・リーグ覇者のソフトバンクが5-0でセ・リーグ王者のヤクルトを下し、対戦成績を4勝1敗として2年連続7度目(前身の南海、ダイエー時代を含む)の日本一に輝いた。

 シリーズを連覇するのは1992年に西武が3連覇して以来で、球団としては初めて。工藤公康監督は就任1年目でのパ・リーグ優勝に続き、2010年の西村徳文監督(ロッテ)以来10人目の新人監督による日本シリーズ制覇となった。

【10月29日 日本シリーズ試合結果】

● ヤクルト 0 - 5 ソフトバンク ○
<神宮>

PN2015102901001815.-.-.CI0003
「ソフトバンクが快勝」

 ソフトバンクが快勝した。4回に李大浩の左翼ポール際への2ランで先制。5回に明石の適時打などで2点を加えた。スタンリッジは要所で粘り6回無失点。7回から救援した森、バリオス、サファテが無得点に抑えた。
 ヤクルトは石川が5回途中4失点と踏ん張れなかった。打線も序盤の好機を逃すと4回以降は二塁を踏めなかった。
⇒個人成績一覧はこちら

(c)KYODONEWS
ツイート シェア 送る
  • ALL
  • De
  • 西